【映画】軽蔑

keibetu1.jpg

【解説・あらすじ】芥川賞作家・中上健次の遺作長編小説を、高良健吾と鈴木杏のダブル主演で映画化。「余命1ヶ月の花嫁」「雷桜」の廣木隆一監督がメガホンをとる。東京で賭博に明け暮れる日々をおくっていた名家出身のカズは、新宿歌舞伎町で働くポールダンサーの真知子と熱烈な恋に落ちる。2人はカズの故郷で新生活を始めるが、カズの父親をはじめ周囲は2人の関係を認めなかった。やがて真知子は東京へ戻り、自暴自棄におちいったカズは、借金にまみれながら賭博で身を滅ぼしていく。(映画.comより)

製作年:2011年
製作国:日本
監督:廣木隆一
原作:中上健次
脚本:奥寺佐渡子
製作:池田宏之、梅川治男
プロデュース:森重晃
企画:嵐智史、内田ゆき、志摩敏樹
エグゼクティブプロデューサー:椎名保
プロデューサー:大森氏勝、湊谷恭史
主なキャスト:高良健吾、鈴木杏、大森南朋、忍成修吾、村上淳、根岸季衣、田口トモロヲ、緑魔子、小林薫、日向寺雅人、小林ユウキチ、蕨野友也、蒼井そら、山田キヌヲ、原田裕章、淵上泰史
keibetu2.jpg
keibetu3.jpg

【感想】
全体的に昭和の香りがプンプン漂うレトロ感が半端じゃない映画でしたが、携帯を使っている所を見ると一応設定は現代だったようで、その辺でちょっと違和感があったかなぁ。
何か今の時代の話って感じが全くしなかったんですよね、どうせなら昭和設定にしてもらった方がまだスンナリ入っていけた気もするのですが、現代にすると今の時代に?って感じで、いまいち入って行けないと言うか何と言うか・・・。
身分違いの純愛は嫌いではないので、一応それなりには堪能させてもらいましたが、感情移入度はかなり低め・・・ちょっと遠い目で見てしまうような破滅的な愛の物語だったかなと。

まあとりあえず、主人公カズを演じた高良健吾のクズっぷり、いかにもボンボンで田舎出身のチンピラ風情な感じは抜群に出ていたと思いました。
見た目小奇麗なのは田舎のチンピラとしては少し違和感もあったのですが、ボンボンであることを考えればなるほどとも思わされたりで、いい線突いていたなと。
ただこの男の行動が本当に共感できない、やる事なす事クズ思考なもので・・・。
結末見ても、仕方ないのでは?としか言いようがなかったかも。

そんな破滅的な愛に身を委ねるポールダンサーの真知子を演じたのが鈴木杏でしたが、イメージ一新のヌード&ベッドシーン等頑張りは認めるものの、やはりこのキャラに鈴木杏なのはちょっと無理があったかな。
歌舞伎町のナンバー1ポールダンサー?幼児体型&小ぶりな胸でそう言われても、さすがにそれは・・・ってまあ個人的には嫌いではないのですが、説得力は無かったかと。
ただ演技自体は素晴らしかったですけどね、行き場のない愛で、孤独に苛まされる表情は印象的でした。

しかし愛の物語よりも、どうしてもカズのクズッぷりばかりが目についてしまい、もう一つ入り込めないんですよねぇ。
僅かばかりの金を稼ぐのだって、世の中結構大変なのに、あれでは・・・。
大森南朋が演じた悪い方のチンピラの方が何気に正論なだけに、何とも・・・(苦笑)
どうも焦点がボヤけてしまったり、ミスマッチだったり、微妙な違和感を感じる作品になってしまったのはちょっと勿体無かったですね。
私は主演2人の熱演で何とか見れた映画でしたけど、あまり世間の評価が芳しくないのは妙に納得だったかも。
評価3.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

軽蔑
Excerpt: 600万円の借金を帳消しにする代わりに、ヤクザから新宿・歌舞伎町のポールダンスバー(ストリップバー)への急襲を命じられた青年カズは、混乱の最中にダンサーの真知子を連れ、故郷へ逃げ帰る。 資産家の父親は..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-06-28 19:28