【映画】ゴーン・ガール

go-nn1.jpg

【解説・あらすじ】「セブン」「ソーシャル・ネットワーク」の鬼才デビッド・フィンチャー監督が、ギリアン・フリンの全米ベストセラー小説を映画化。「アルゴ」のベン・アフレックを主演に、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリスらが共演。幸福な夫婦生活を送っていたニックとエイミー。しかし、結婚5周年の記念日にエイミーが失踪し、自宅のキッチンから大量の血痕が発見される。警察はアリバイが不自然なニックに疑いをかけ捜査を進めるが、メディアが事件を取り上げたことで、ニックは全米から疑いの目を向けられることとなる。音楽を、「ソーシャル・ネットワーク」「ドラゴン・タトゥーの女」でもタッグを組んだインダストリアルバンド「ナイン・インチ・ネイルズ」のトレント・レズナーと、同バンドのプロデューサーでもあるアティカス・ロスが共同で担当。(映画.comより)

製作年:2014年
製作国:アメリカ
監督:デビッド・フィンチャー
原作、脚本:ギリアン・フリン
製作:アーノン・ミルチャン、ジョシュア・ドーネン、リース・ウィザースプーン、シーン・チャフィン
製作総指揮:レスリー・ディクソン、ブルーナ・パパンドレア
音楽:トレント・レズナー、アティカス・ロス
主なキャスト:ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、タイラー・ペリー、キム・ディケンズ、キャリー・クーン、パトリック・フュジット、デビッド・クレノン、リサ・ベインズ、ミッシー・パイル、エミリー・ラタコウスキー、ケイシー・ウィルソン、ボイド・ホルブルック、セラ・ウォード、リー・ノリス、ジェイミー・マクシェーン、レナード・ケリー=ヤング、キャスリーン・ローズ・パーキンス、スクート・マクネイリー、ローラ・カーク、シド・ストリットマター
go-nn2.jpg
go-nn3.jpg

【感想】
これは凄い、そして怖い(苦笑)
デビッド・フィンチャー監督作だけに、単純なサスペンスではないと思ってはいましたが、まさかこんな結末を迎える映画だったとは・・・。
勿論、妻の謎の失踪事件と言う基本軸も十分面白かったですが、事件の顛末後の展開がまた何とも身の毛もよだつ展開で、何か凄いものを見てしまったなと・・・ただただそう思った映画でしたよ。
まあ2時間30分と長尺ではありましたが、見る者を飽きさせない仕掛けが盛りだくさんでしたので、全く長さを感じない退屈とは無縁の映画でしたね。

それにしても、まあ何とも語り口が巧妙な映画でした。
夫側、妻側、警察側、マスコミ側、それから失踪前、失踪後と、視点が変わる度に全く違うよう見えてくる作りが本当に絶妙でしたね。
これ見ちゃうと、我々はいかにマスコミ報道に踊らされているのか、つくづく思い知らされます。
コイツが犯人だと匂わす様にマスコミは情報操作しながら報道しますからねぇ、アメリカはその実態が特に酷いのかな?
結局本当に逮捕されて、実際は犯人じゃないのに死刑になった人も数知れずなのかもしれませんね。

しかしデビッド・フィンチャーの演出力も然ることながら、ロザムンド・パイクの怪演とベン・アフレックのダメ男っぷりもまさに特筆物でした。
真実ではなくても、このダメ男なら仕方ないと思えてくるぐらいのベンの嵌りっぷりは、お見事の一言。
一方のロザムンド嬢は、凄いの一言(笑)
元々人形のような感情の読み取れない美人女優のイメージではあったのですが、今回は特に凄い以外の言葉が出てこないような何をしでかすか顔からは全く予想も付かないような怪演っぷりで、ただただ脱帽です、そして怖かったです・・・。

完璧復讐計画が破綻してからのリカバリーも見事すぎて恐ろしかったぁ。
話の引き出しが多すぎて、ホント見入っちゃいましたよ。
一見すると人が羨む様な幸せ夫婦でも、その実どうなのかは当人じゃないと分からないってことですね。
それより何より、他人のところじゃなく自分のところも大丈夫なのかと考えると、下手なホラーよりも何倍も恐ろしいかも。
さすがはデビッド・フィンチャー作品でしたね。
あとどうでもいい事なんですが、ベン・アフレックのアゴネタが妙にツボでした(笑)
評価4.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

ゴーン・ガール
Excerpt: アメリカ・ミズーリー州の田舎町。 幸せな結婚生活を送っていた夫ニックと妻エミリーの結婚5周年の記念日に、突然エイミーが姿を消した。 リビングには争った形跡があり、キッチンからはエイミーの大量の血痕が発..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-06-27 13:21