【映画】ファインディング・ニモ

fainndeinngu1.jpg

【解説・あらすじ】オーストラリアの海に住むカクレクマノミのマーリンは、ひとり息子ニモを育てるシングル・ファーザー。ある日、ニモが人間のボートに近づいてさらわれてしまい、マーリンは物忘れの激しい魚ドリーの協力を得て、ニモを探す旅に出る。一方、ニモも人間に入れられた水槽の中で新たな友人たちと出会い、彼らに助けられて必死に逃げ出そうとしていた。「トイ・ストーリー」シリーズ、「バグズ・ライフ」「モンスターズ・インク」の脚本家アンドリュー・スタントンが監督業に進出。(映画.comより)

製作年:2003年
製作国:アメリカ
監督、原案:アンドリュー・スタントン
共同監督:リー・アンクリッチ
脚本:アンドリュー・スタントン、ボブ・ピーターソン、デビッド・レイノルズ
製作:グラハム・ウォルターズ
製作総指揮:ジョン・ラセター
音楽:トーマス・ニューマン
主なキャスト:アルバート・ブルックス、エレン・デジュネレス、アレクサンダー・グールド、ウィレム・デフォー、アンドリュー・スタントン、オースティン・ペンドルトン、ビッキー・ルイス、ボブ・ピーターソン、エリザベス・パーキンス、エリック・バナ、ブラッド・ギャレット、アリソン・ジャニー、スティーブン・ルート、ジョー・ランフト、ジョーダン・ランフト、ジェフリー・ラッシュ、ニコラス・バード、ブルース・スペンス、エリカ・ベック、エリック・パー・サリバン、バリー・ハンフリーズ、ビル・ハンター、ルル・エベリング、フィル・プロクター、ローブ・マクマナス、ジョン・ラッツェンバーガー
吹き替え版:木梨憲武、室井滋、宮谷恵多、山路和弘、乃村健次、定岡小百合、清水明彦、斎藤志郎、郷里大輔、二又一成、石住昭彦、菅光輝、後藤哲夫、稲葉実、久野美咲、海鋒拓也、小山力也、津田寛治、森崎めぐみ、赤坂泰彦、進藤晶子、須賀健太、上野一舞、梅津秀行、鈴木勝美、楠見尚己、塚地武雅、鈴木拓、LiLiCo、中島ヒロト、さかなクン、やまだひさし、YASU、杉山39、吉井歌奈子
fainndei2.jpg
fainndei3.jpg

【感想】
公開から十数年経った今見ても、相変わらず映像の美しさにはウットリとさせられますね。
まるで本物の、いや実写以上と言っても過言ではないぐらいの色鮮やかな海の様子には、ただただ感動するばかり。
この映像があれば、ストーリーはこのぐらいシンプルな話でちょうどいい。
簡単に言ってしまえば、親がさらわれた息子を捜すだけの話でしたもんね。

でも海の世界は想像以上に厳しい世界、であると同時に神秘な魅力に満ち溢れた世界でもある為、シンプルな話でも子供だけでなく大人が見ても見応え十分、さすがはピクサー映画だなぁ、今では若干本家ディズニーに押され気味な傾向にはありますけど(苦笑)
しかし考えてみれば主人公は魚なんですよねぇ、でもこんなに感情移入出来るのは何でなんだろう、ってやはり親子の話はどの世界でも相通ずるものがあるってことなんでしょうね。

まあとにかく、子供目線で見れば親とはぐれた時の心細さ、親目線で見れば子供がいなくなった時のこれ以上無いぐらいの恐怖心、どちらも手に取るように伝わってきて、思わず感情移入させられたなぁ。
でも、守られるだけでは子供が育たないのもまた事実、可愛い子には旅をさせよなんてよく言いますが、確かに・・・。
それによって、子も親も成長していくんですよねぇ。
まあこの映画では明確な悪役と言える存在は出てこなかったですから(人間も悪役ではなかったですし)、マーリンのアタフタぶりほどの緊張感は感じられなかったのが少々難点と言えば難点ではあったのかな。
でも、安心して見ていられるからこそ、子供からの絶大な支持もある訳で、そこはまあ仕方ないか。

私は魚には全く興味が無かった為か、この映画で初めてカクレクマノミと言う存在を知った(認識した)のですが、今ではもうカクレクマノミを見る度についついニモだ!と口走ってしまう自分がいたりします。
本当はもっと隠れた存在でいたかったのかもしれませんが、この映画で間違いなく全国区、いや世界の人気者(人気魚)になってしまいましたよね、色合いも含めて可愛いです!
一方ナンヨウハギの方は正直そこまでではない感じですが、映画的にはドリーの存在感あってこそなところもあって、忘れっぽさにイライラもしたけど終わってみればニモやマーリン以上に愛らしかったなぁ~。
続編はドリーが主役?またイライラさせられそうですが、楽しみですね。
評価4.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

ファインディング・ニモ
Excerpt: 人間にさらわれた一人息子のニモを探すため、父親のマーリン(カクレクマノミ)は途中で出会った忘れんぼうのドリーと一緒に危険に満ちた広大な海へ旅立った…。 ちっぽけな魚の大きな愛と友情を描く冒険ファンタジ..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-06-13 14:33