【映画】64 ロクヨン 前編

rokuyonn1.jpg

【解説・あらすじ】「半落ち」「クライマーズ・ハイ」などで知られるベストセラー作家・横山秀夫の著作で、2012年「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、13年「このミステリーがすごい!」第1位など高い評価を得た警察小説「64(ロクヨン)」を映画化した2部作の前編。佐藤浩市を筆頭に、綾野剛、榮倉奈々ら若手から永瀬正敏、三浦友和らベテランまで、豪華キャストが集結し、「ヘブンズ ストーリー」の瀬々敬久監督がメガホンをとった。わずか1週間の昭和64年に発生した少女誘拐殺人事件・通称「ロクヨン」。事件は未解決のまま14年の時が流れ、平成14年、時効が目前に迫っていた。かつて刑事部の刑事としてロクヨンの捜査にもあたった三上義信は、現在は警務部の広報官として働き、記者クラブとの確執や、刑事部と警務部の対立などに神経をすり減らす日々を送っていた。そんなある日、ロクヨンを模したかのような新たな誘拐事件が発生する。(映画.comより)

製作年:2016年
製作国:日本
監督:瀬々敬久
原作:横山秀夫
脚本:久松真一、瀬々敬久
脚本協力:井土紀州
企画:越智貞夫
エグゼクティブプロデューサー:平野隆
プロデューサー:木村理津、大原真人、渡邉敬介、浅野博貴、伊藤正昭
音楽:村松崇継
主題歌:小田和正
主なキャスト:佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、窪田正孝、坂口健太郎、筒井道隆、鶴田真由、赤井英和、菅田俊、烏丸せつこ、小澤征悦、金井勇太、芳根京子、菅原大吉、宇野祥平、菜葉菜、芹澤興人、奥野瑛太、三浦誠己、嶋田久作、小橋めぐみ、平田風果、松嶋亮太、三浦英、増田修一朗、川原健二、森了蔵、板倉チヒロ、藤井宏之、坂口辰平、梶原拓人、大塚ヒロタ、長尾卓磨、椿弓里奈、飯田芳、中村沙樹、赤山健太、佐藤文吾、木口健太、筒井奏、山崎ハコ、大久保鷹、黒川芽以、諏訪太朗、椎名桔平、滝藤賢一、奥田瑛二、仲村トオル、吉岡秀隆、瑛太、永瀬正敏、三浦友和
rokuyonn2.jpg
rokuyonn3.jpg

【感想】
ロクヨン事件の解決に向けてはほとんど進展していない前編ではありましたが、でもこれ一本でも物凄く見応えを感じられる、近年少なくなった大人が見て楽しめる良質な日本映画に仕上がっていたと思いました。
まあ言ってしまえば前編は後編の壮大な予告編的内容だったとも言えるのですが、何せ登場人物が多かったですし、名立たる名優が勢揃いしていた映画ですから、それぞれの人間関係・人物相関図を丁寧に描くことはとても重要だったと思うので、最近はちょっと首を傾げたくなるような二部作物も存在していたりはしますが、この映画に限ってはこう言う作風にしたのは正解だったと思いましたね。

しかし驚いたのは、前置き無しにいきなりロクヨン事件の全貌を見せるところから始まったことですよ。
まさしく掴みはOK、緊張感たっぷりな事件の様相に、いきなりもう引き込まれてしまいましたね。
そこからなかなかコトは進まなかったですが、この残像があるからそれでも見応えを十分感じられたんじゃないのかな、長々と前置きを長くしていたら、作品の印象はまた違ったものになっていたと思いましたよ。

私は原作未読でドラマ版も未見なんで、この後どう展開していくのか全く想像がつきませんし、チラホラ映されていた伏線にもいまいちピンと来なかったので、正直後編が早く見たくて仕方ないです!
まあ原作ファンやドラマファンはまた違った視点で鑑賞していると思うので、比較すればいろいろと気になる部分はあるのでしょうが、知らない身から見ればロクヨン事件の残された謎、それに関わった者達が複雑な思いを抱えて生きている今の様子、そして組織対個人、ホント見応えたっぷりな内容で、今のところ満足度は高い状態の前半戦と言った感じでしたね。

それにしても本当にあってもおかしくないような題材が素晴らしい、永瀬正敏の哀愁も相まって、とても切ない気分にさせられました。
切ないと言えば、佐藤浩市の広報官が置かれた立場も切ないねぇ、上はアレだし、記者達はアレだし、サラリーマンの悲哀にも似ていて、何か物凄く分かる、胸が締め付けられた。
でも、それだけ警察の隠蔽体質がこれまでも本当に酷かったのでしょう、しかし瑛太腹立つ~(笑)そして滝藤も~(笑)
まあそんな訳で、佐藤浩市の魂の叫びの余韻を残しつつ、後編への期待は高まるばかり・・・期待していますよ。
評価4.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

64 ロクヨン 前編
Excerpt: 平成14年。 「ロクヨン」と呼ばれる、昭和最後の年・昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件は、間もなく時効を迎えようとしていた。 かつて「ロクヨン」の捜査にもあたった県警の刑事・三上義信は、異動で広報室の..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-05-22 08:56

64 ロクヨン 前編
Excerpt:  『64 ロクヨン 前編』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)以前、原作小説を読んでとても面白いと思い、なおかつ佐藤浩市が主演の作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒..
Weblog: 映画的・絵画的・音楽的
Tracked: 2016-05-23 20:45