【映画】ちはやふる 下の句

tihaya1.jpg

【解説・あらすじ】広瀬すず主演で末次由紀の大ヒットコミックを実写映画化した「ちはやふる」2部作の後編。主人公・綾瀬千早と幼なじみの真島太一、綿谷新の3人を中心に、それぞれの思いを胸に競技かるたに打ち込み、全国大会を目指す高校生たちの青春を描く。キャストには、千早役の広瀬のほか、太一役に野村周平、新役に真剣佑とフレッシュな若手が集結。千早や太一と同じ瑞沢高校競技かるた部の仲間で、上白石萌音、森永悠希、矢本悠馬、競技かるた界の強豪で清水尋也、松岡茉優らが共演している。監督・脚本は「タイヨウのうた」「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の小泉徳宏。(映画.comより)

製作年:2016年
製作国:日本
監督、脚本:小泉徳宏
原作:末次由紀
製作:中山良夫、市川南、鈴木伸育、加太孝明、薮下維也、石川豊、弓矢政法、髙橋誠、宮本直人
エグゼクティブプロデューサー:門屋大輔、安藤親広
ゼネラルプロデューサー:奥田誠治
プロデューサー:巣立恭平
企画・プロデュース:北島直明
音楽:横山克
主題歌:Perfume
主なキャスト:広瀬すず、野村周平、真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、清水尋也、松岡茉優、久家心、山田瑛瑠、加部亜門、田村健太郎、坂口涼太郎、三村和敬、萩原利久、上村海成、つみきみほ、津嘉山正種、松田美由紀、國村隼
tihaya2.jpg
tihaya3.jpg

【感想】
競技かるたの魅力とそれに青春全部懸けて挑んだ各キャラクターの魅力を存分に描き切った上の句が予想以上に完成度の高い作品だったので、それと比べてしまえばやや落ちる気はしないでもないですが、新たなキャラクターの登場や、かるたをする意味を問うストーリー構成を軸に更なる高みを目指したメンバー達の奮闘ぶり・成長ぶりには、何だかんだで思わず見入ってしまいました!
個の力で最強クイーンの座に君臨する若宮詩暢、仲間との繋がり・絆で個の力に挑む千早達、この構図は最高に見応えがありましたね。

欲を言えば、何故詩暢は個の力に拘ってきたのか、その辺まで描いてくれれば尚良かったのですが。
しかし詩暢を演じた松岡茉優の存在感、演技力はさすがの一言。
凛とした佇まい、そして涼やかで冷たさすら感じるあの表情、まさに最強クイーン、ダサいファッションとタオルネタのお茶目さたっぷりなギャップもたまらなくいい!
やや中途半端な結末も、彼女の存在感で溜飲が下がった面は多分にありましたね。

一方、仲間と共に戦う千早側の方は、まあ正直上の句の描き方が素晴らしすぎたので、もう一押しの感は否めませんでしたが、何故かるたをしてるのか?その意味を問う展開には何気にグッと来るところもあって、上の句ほどではないですが今回も感動しました!
また師匠役の國村隼が上の句同様ピンポイントでいい味出してくるんですよね。
脇役三人組のチームメイト、肉まん君、机君、奏ちゃんの存在感も相変わらず素晴らしかった。
上白石萌音は本来脇でこそ存在感を発揮するタイプなのかも。
奏ちゃんのおかげで、歌に込められた思いも十分伝わってきて、より一層味わい深い作品になったと思いました。

ただ、下の句は恋愛要素がより一層薄くなってしまったのは賛否両論でしょうか。
完全にスポコン青春ドラマと化していましたからね、ってまあ個人的にはこの作風だからこそ楽しめたところもありましたが。
まだまだ見ていたい、と言うかこの結末ではどこかスッキリしない、と思っていたら何やら更なる続編があるようでとりあえず一安心。
続編では更なる進化を遂げた広瀬すずの演技に期待しています。
いい意味でたどたどしい演技が妙に味となった真剣佑には逆にこのままでいて欲しい思いも(笑)
評価4.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

ちはやふる 下の句
Excerpt: 新と再会した時に『強くなったな』と言われたい千早。 そして、新に勝たなければ前に進むことが出来ないと感じる太一。 しかし当の新は、かるたをやる目的を見失っていた。 そんな頃、最強のかるたクイーン・若宮..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-05-18 17:30