【映画】テラフォーマーズ

tera1.jpg

【解説・あらすじ】火星で人型に進化したゴキブリ「テラフォーマー」と人類の壮絶な戦いを描いた大ヒットコミックを、鬼才・三池崇史監督のメガホンにより実写映画化。主演を「悪の教典」でも三池監督とタッグを組んだ伊藤英明が務め、武井咲、山下智久、山田孝之、小栗旬ら豪華キャストが集った。2599年、人口増加による貧富の差が激しくなる日本では、新たな居住地開拓のために「火星地球化(テラフォーミング)計画」が始まっていた。しかし、火星の気温を上げるためにコケとともに放たれたゴキブリが異常進化してしまう。そのゴキブリたちを駆除するため、15人の日本人が火星に送り込まれるが……。(映画.comより)

製作年:2016年
製作国:日本
監督:三池崇史
原作:貴家悠(作)、橘賢一(画)
脚本:中島かずき
製作:福田太一、茨木政彦、榎本善紀、中村理一郎、寺島ヨシキ、奥野敏聡、小笠原明男、宮本直人、坂本健
エグゼクティブプロデューサー:小岩井宏悦
プロデューサー:坂美佐子、前田茂司
音楽:遠藤浩二
主題歌:三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE
主なキャスト:伊藤英明、武井咲、山下智久、山田孝之、小栗旬、ケイン・コスギ、菊地凛子、加藤雅也、小池栄子、篠田麻里子、滝藤賢一、太田莉菜、福島リラ、渋川清彦、黒石高大、青木健、長尾卓也、的場浩司、国広富之、谷村美月、池田秀一(声)、石原仁志、小橋正佳、ワダタワー、千葉善紀、もりのめぐみ、奈苗、柄本かのこ、茂手木桜子、蜷川みほ、横光克彦
tera2.jpg
tera3.jpg

【感想】
予告編を見た限りだと相当な駄作臭が漂っていたので、かなり期待値を下げて見たのが良かったのか、意外と面白かったです。
まあ原作は読んでないので、原作と比べてどうなのかは知る由もないですが、あくまで一つの映画として見たら、これぞ三池崇史マジック炸裂な感じで、思いのほか普通に楽しめましたよ。
逆に言えば、前評判や予告編等の前情報から、「進撃の・・・」とか「貞子・・・」級の衝撃的な地雷も覚悟していたので、ある意味肩透かしと言えば肩透かしではあったのですが。

まあしかしこの映画は、舞台が火星と聞いていたので、見る前は日本映画が本気で作ったSF大作映画なのかなとも思っていたのですが、実際のところはちょっとお金を掛けた特撮物の映画版って感じでしたね。
きっとチープ感、B級感漂う雰囲気に、ガッカリした方も多かったことでしょう。
でも私的には、このB級感が思いのほかツボで、おかげで結構楽しめちゃいました。
ゴキブリ人間を相手に戦うのに、リアリティたっぷりだったらむしろ見てられなかったかも。
黒光りするアレのリアル描写だけは勘弁して欲しいですから・・・。

ただ、火星に着くまでのあっさり感、説明の無さ、端折り感は、ちょっと気になりました。
まあこう言うB級テイストな作品は、クドクドと説明されるよりはこのぐらい開き直って描かれた方が案外楽しめるので、これはこれで悪くは無かったのですが、もう少し各人の人物背景を知りたかったなと言う思いは無きにしも非ずで・・・。
しかしネームバリューとは裏腹に、予想外の人物が早めに死んだり、裏切りやまさかの・・・等々、意外性のあるB級的ストーリー構成、死にっぷりは、さすがは三池監督でしたね、女子の扱いに少し不満はありましたけど(苦笑)

各人が身に着けた昆虫の特殊能力も、主役級と脇役で思いっ切り差があったりで、そんな都合の良さも何気にツボ要素でした。
伊藤英明はデビルマン?とりあえず、昆虫の勉強にはなりました、山田孝之のとか特に。
まあ一般受けはしなさそうですが、火星を舞台に豪華俳優陣が昆虫に扮してゴキブリ人間と戦う、こんな内容はなかなか見れるものではないので、頭空っぽにして楽しむのが吉でしょう。
評価3.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

テラフォーマーズ
Excerpt: 21世紀、人口爆発を迎えた人類は火星への移住を計画し、コケと“ある生物”を送ることによって、火星を地球化させようとした。 …それから500年。 計画の仕上げのために火星に送り込まれた日本人隊員15名の..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-05-14 09:25