【映画】クレイジー・ドライブ

kureizi-1.jpg

【解説・あらすじ】「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」のジョー・カーナハン監督が、「インシディアス」のパトリック・ウィルソン、「シン・シティ」のジェシカ・アルバ、「エージェント:ライアン」のクリス・パイン共演で描くクライムコメディ。俳優を目指してロサンゼルスにやって来たストレッチは、現在はリムジンの運転手として働きながら、ギャンブルでつくった莫大な借金の返済に追われていた。そんなストレッチのもとに、大富豪カロスから仕事の依頼が舞い込む。喜んで引き受けるストレッチだったが、カロスはかなりの変人で、ストレッチは次から次へとトラブルに巻き込まれてしまう。「ナイトライダー」のデビッド・ハッセルホフ、「グッドフェローズ」のレイ・リオッタらが本人役でカメオ出演。(映画.comより)

製作年:2014年
製作国:アメリカ
監督、脚本:ジョー・カーナハン
原案:ジェリー・コーレイ、ロブ・ローズ、ジョー・カーナハン
製作:ジェイソン・ブラム、ジョー・カーナハン、トレイシー・ファルコ
製作総指揮:チャールズ・レイトン、ジャネット・ブリル、クーパー・サミュエルソン、レオン・コーコス、ジェイソン・ヘルマン、ジェリー・コーレイ、ロブ・ローズ
音楽:ルートビッヒ・ヨーランソン
主なキャスト:パトリック・ウィルソン、エド・ヘルムズ、ジェームズ・バッジ・デール、ブルックリン・デッカー、ジェシカ・アルバ、クリス・パイン、レイ・リオッタ、デビッド・ハッセルホフ、ランディ・クートゥア、ノーマン・リーダス、クリストファー・マイケル・ホリー、ベン・ブレイ、マット・ウィリグ、ショーン・トーブ、ショーン・ホワイト
kureizi-2.jpg
9kureizi-3.jpg

【感想】
悪くはない、けど、面白かったと言うには何か足りてない、そんな映画でしたかね。
キャストに結構いいメンバーが揃っていたので見てみたのですが、日本では劇場未公開となってしまったのも、妙に納得の内容だったかも。
一応ジャンルとしてはクライムコメディなんでしょうか、そこそこのアクションあり、そこそこの笑いあり、それなりに主人公がどうなってしまうのかドキドキ感もあり、まあ家でまったり見る分にはこれはこれで楽しめなくもないのですが、それなり以上にはならないって感じの映画でしたね。

とりあえず、まあどの業界もそうなのでしょうが、リムジンの運転手業界にもかなり熾烈な争いがあると言う事はよく分かりました。
タクシーやトラックの運転手に焦点を当てた映画は数あれど、リムジン運転手を題材に取り上げた映画は結構珍しいのではないでしょうか。
しかしセレブ客の奪い合いのシーンは、笑えたなぁ~!
本人役の客として登場したデビッド・ハッセルホフとレイ・リオッタの自虐ネタ合戦は、この映画で一番笑えたシーンだったかも。

ただ、全体的な流れとしては、若干スベリ気味と言うか、個人的にはもう一歩乗り切れませんでしたかね。
リムジン運転手の主人公ストレッチを演じたパトリック・ウィルソンも、いまひとつ役に嵌りきれていなかった印象で。
多額の借金返済を迫られドツボに嵌っていく主人公にしては、ボロボロ感と言うか、やさぐれ感のようなものがもう一歩な気がして。
いつもとは違う役どころで新境地を狙ったのでしょうが、やっぱりこっち系じゃないんですよね、彼は。

逆にやたら振り切れた演技を見せたのは、イカレたセレブ客を演じたクリス・パインでしょう。
彼に翻弄されるストレッチの図は、それなりに楽しめました。
でも、クリス・パインも嵌り役ではなかったんですよね・・・まあ脚本や演出にも問題があったのでしょうが、彼の奇行にはもう一つ乗れなかったです。
でも、落としどころは無理やり感がありつつも、結構好きなラストでした。
お目当てのジェシカ・アルバがいくらなんでも地味な配車係過ぎて、ちょっと不満に感じていたので、見せ場があって良かったなと・・・最近少々陰が薄いアルバを見れただけでも、とりあえず見て損はなかったです。
評価2.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック