【映画】ちはやふる 上の句

tihaya1.jpg

【解説・あらすじ】競技かるたに打ち込む高校生たちの青春を描き、コミックス既刊29巻で累計発行部数1400万部を突破する末次由紀による大人気コミック「ちはやふる」を、広瀬すず主演で実写映画化した2部作の前編。主人公・千早を演じる広瀬のほか、野村周平、真剣佑らフレッシュな若手俳優が共演。監督を「カノジョは嘘を愛しすぎてる」の小泉徳宏が務めた。幼なじみの綾瀬千早、真島太一、綿谷新の3人は、新に教わった「競技かるた」でいつも一緒に遊んでいた。新の競技かるたにかける情熱に、千早は夢を持つことの大切さを教わるが、そんな矢先に新は家の事情で遠くへ引っ越してしまう。高校生になった千早は、新に会いたい一心で「競技かるた部」創設を決意し、高校で再会した太一とともに部員集めに奔走。なんとか5人の部員を集めて競技かるた部を立ち上げた千早は、全国大会を目指して練習に励む。(映画.comより)

製作年:2016年
製作国:日本
監督、脚本:小泉徳宏
原作:末次由紀
製作:中山良夫、市川南、鈴木伸育、加太孝明、薮下維也、石川豊、弓矢政法、髙橋誠、宮本直人
ゼネラルプロデューサー:奥田誠治
エグゼクティブプロデューサー:門屋大輔、安藤親広
企画・プロデュース:北島直明
プロデューサー:巣立恭平
音楽:横山克
主題歌:Perfume
主なキャスト:広瀬すず、野村周平、真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希、清水尋也、久家心、山田瑛瑠、加部亜門、田村健太郎、三村和敬、坂口涼太郎、上村海成、萩原利久、広瀬アリス、松岡茉優、津嘉山正種、松田美由紀、國村隼
tihaya2.jpg
tihaya3.jpg

【感想】
名前ぐらいは聞いたことがありましたが原作もアニメ版も内容はよく知らず、しかもテレビ局絡み映画の二部作と言うことで劇場で見ようか見まいか結構悩みましたが、広瀬すず見たさの欲求が上回り何の前知識もなく鑑賞したら、思いっ切りド嵌りしてしまいました!
今流行の漫画原作の学生専用青春ドラマだろうと正直舐めていたのですが、映画の完成度が思いのほか高くてビックリ。
あまり馴染みのない競技かるたを題材に、ここまで熱くなれる青春スポコン映画を作ってしまうとは・・・素晴らしい、迫力が半端じゃなかった、まさにスポーツ、いや格闘技でしたね。
それを見事に演じきった役者陣もお見事の一言でした。

若干の難があるとすれば、一応初心者向けに競技かるたのルール説明はしてくれましたが、細かい部分はもう一つピンと来ないところもあって、競技かるたそのものに関してはそこまでのめり込めなかったところも。
ドラマ的な演出や迫力ある攻防で十分楽しめはしましたけどね。
ただ、百人一首の歌に込められた想いをしっかりストーリーに組み込んで、より深みを感じられるような青春ストーリーに仕上げた辺りは素晴らしかったと思いました。

その競技かるたのスポコン部分と恋愛部分、また良い意味でクスッと笑えるような漫画的な部分とシリアス部分等、全体的なバランスにも優れていた作品だと思いましたね。
千早、太一、新、三人のそれぞれの想いが下の句でどう言った結末を迎えるのか、今から楽しみでなりません。
上の句は太一がメインな感じでしたが、今後新がどう絡んできてストーリーが推移していくのか、非常に気になります。

しかし広瀬すずの魅力はやはり半端じゃなかったなぁ。
「海街diary」から更なる進化を見せたすずの成長ぶりには終始目が釘付けでした。
だけに、太一の心境に思いっきり共感、太一の人間的な部分には感情移入しまくりでした。
そんな彼が青春全部懸けて挑んだクライマックスは、まさかの意表を付いた結末に・・・これはやられたなぁ!
脇を固めたチームメイト3人も皆キャラが立っていて良かったですね、特に机君には泣かされたぁ、5人が真のチームになっていく姿にはとにかく心揺さぶられました。
下の句でも5人を見るのが本当に楽しみ、松岡茉優の最強っぷりにも期待してしばし待ちたいと思います。
評価4.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

ちはやふる 上の句
Excerpt: 綾瀬千早、真島太一、綿谷新の3人は幼なじみ。 彼らは“競技かるた”でいつも一緒に遊んでいたが、家の事情で新は福井へ引っ越してしまう。 …瑞沢高校へ進学した千早は、新に会いたい一心で“競技かるた部”創設..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-05-16 20:46