【映画】黒いドレスの女

kuroi1.jpg

【解説・あらすじ】無意識に男の心を惑わせる女と、その女のために命を賭ける男たちの姿を描く。北方謙三原作の同名小説の映画化で、脚本は「めぞん一刻」の田中陽造、監督は「友よ、静かに瞑れ」の崔洋一、撮影も同作の浜田毅がそれぞれ担当。
夜明け前の高速道路を朝吹冽子は歩いていた。彼女はBMWに乗ったヤクザっぽい男、アキラに声をかけられる。大井競馬場。田村と弁護士・山本が庄司というヤクザを外国に逃がす相談をしていた。庄司は田村の眼の前で腹を刺されてしまう。刺したのはアキラだった。それを遠巻きから冽子が見ていた。田村の経営するバーに、黒いドレスを着た冽子が現われた。彼女は静岡にいる田村の義理の妹、三井葉子の知り合いでの店で働きたいと告げる。数日後、田村は冽子の手荷物から拳銃を発見した。それは葉子が冽子に渡したものだった。また、腹の傷が癒えた庄司もバーに転り込んで来、冽子と同居することになった。田村は相棒の立岡と庄司の逃亡ルートを捜し始め、ルートが決まった日の夜、数人のチンピラが冽子を出せとやって来た。庄司の凄味に圧倒され、彼らは逃げだすが、危険を肌で感じた冽子はバーの二階から姿を消してしまう・・・。(映画.comより)

製作年:1987年
製作国:日本
監督:崔洋一
原作:北方謙三
脚本:田中陽造
製作:角川春樹
プロデューサー:黒澤満、青木勝彦
音楽:佐久間正英
主なキャスト:原田知世、永島敏行、藤真利子、藤タカシ、本間優二、一色采子、橋爪功、成田三樹夫、室田日出男、中村嘉葎雄、時任三郎、清水昭博、伊藤幸子、菅原文太
kuroi2.jpg
kuroi3.jpg

【感想】
本作はハードボイルドとミステリー系サスペンスとアイドル映画が融合したような内容になっていましたが、正直どの分野ももう一声欲しかったような内容で、中途半端感は否めずって感じでしたかね。
80年代邦画には詳しくないので、当時この映画がどのように評されたのかはよく知りませんし、今見て語るには時代背景も考慮しなければいけないのでしょうが、何か雰囲気だけハードボイルドって感じで、少々物足りなかったかなと・・・。
やはりそこは当時の角川映画の看板女優であった原田知世主演であることが良くも悪くも影響していたでしょうか。

間違いなく原田知世の可愛さは満喫できる映画だったんですけどね、それであるが故に作品の方向性がよく分からない方向に向いてしまい、結果見終わっての満足感はもう一歩と言った感じに・・・。
おそらく原田知世を大人の女優へと成長させる為にこの作品に主演させたのでしょうが、さすがにこの内容を演じるには年齢的な部分も含めてミスマッチ過ぎでしょう。
黒いドレスを着たミステリアスな女と言うには、いくらなんでもねぇ(苦笑)

まあディスコで踊ってるシーンとか、スクール水着っぽい姿でプールで泳いでいるシーンなんかは個人的にはツボだったりで、アイドル映画の部分では結構満足してたりもするんですけどね。
ただもう少し永島敏行を女の魅力で困らせるぐらいの色気があれば・・・。
着物デートでは、いくらなんでも(あれはあれで面白かったですけど)
しかし終盤、彼女が身を隠していた?アパートが普通に分かったのは物凄い突っ込みどころだったなぁ。

ミステリーな部分も、2時間サスペンス風な感じで正直微妙・・・。
エロオヤジ役の橋爪功が妙にフィットしていたのは印象深かったですけど(笑)
まあそんな中でも昔気質なヤクザ役の菅原文太が圧倒的な存在感を発揮して、一応物語を締めてはいましたね。
もう少し彼のバックボーンを描いてくれたら、話ももっと盛り上がった気がするのですが。
逆に刑事役の成田三樹夫は、ヤクザにしか見えなかったなぁ。
と言った訳で、原田知世の可愛さと永島敏行&菅原文太の存在感は堪能も、全体的にはやや微妙な印象が残った作品でした。
評価3.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

黒いドレスの女
Excerpt:
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-05-18 21:40