【映画】ブリングリング

burinngu 1.jpg

【解説・あらすじ】「ロスト・イン・トランスレーション」「SOMEWHERE」のソフィア・コッポラ監督が、米ロサンゼルス・ハリウッドで発生したティーンエイジャーによる窃盗事件を題材に、欲望のままに犯罪に手を染めていく少女たちを描いた青春ドラマ。ハリウッドセレブが邸宅を構える高級住宅街カラバサス。セレブたちの華やかな生活にあこがれる少女ニッキーら5人組は、いたずら半分にセレブの豪邸をインターネットで調べ、空き巣を繰り返してブランド物を次々と盗み出していく。出来心ではじめた冒険だったが、やがて5人は後戻りのできないところまで足を踏み入れてしまう。ニッキー役に「ハリー・ポッター」シリーズのエマ・ワトソン。実際に事件の被害にあったパリス・ヒルトンが自宅をロケ地として提供した。(映画.comより)

製作年:2013年
製作国:アメリカ、フランス、イギリス、日本、ドイツ
監督、脚本:ソフィア・コッポラ
原作:ナンシー・ジョー・セールズ
製作:ロマン・コッポラ、ソフィア・コッポラ、ユーリー・ヘンリー
製作総指揮:フランシス・フォード・コッポラ、エミリオ・ディエス・バロッソ、ダーレーン・カーマニョ・ロケット、ポール・ラッサム、フレッド・ルース、マイク・ザキン
音楽:ダニエル・ロパティン、ブライアン・レイツェル
主なキャスト:エマ・ワトソン、ケイティ・チャン、タイッサ・ファーミガ、クレア・ジュリアン、イズラエル・ブルサール、ギャビン・ロズデイル、ジョージア・ロック、カルロス・ミランダ、アニー・フィッツジェラルド、レスリー・マン、パリス・ヒルトン、キルステン・ダンスト、リンジー・ローハン、レイチェル・ビルソン、ミランダ・カー、オーランド・ブルーム、オードリナ・パトリッジ、ブレット・グッドキン
burinngu2.jpg
burinngu3.jpg

【感想】
これがほぼ実話だと言うのですから、いろんな意味で驚きました。
盗った側は当然問題大有りですが、盗られた側にもいろいろと・・・。
とりあえず、ハリウッド・セレブ恐るべし!
住所もその日の予定も公開して、警備もほぼ無しって・・・それは盗んでくれと言っているようなもので、ある意味盗まれても仕方ないんじゃないかとさえ思えてきちゃいましたよ。
まあ映画的にあんなふうに描いていただけで、実際はもっと厳重な対策が施されていたのかもしれませんが、それにしてもねぇ・・・。
映画化に全面協力してくれたパリス・ヒルトンも、偉いのかアレなのか、よく分からん(笑)

とは言え、悪いのは間違いなく窃盗団、と言えるかどうかも微妙なぐらいの10代の若者達でしたが、罪の意識の無さには呆れるばかり。
むしろ英雄気取りですから、見ていて本当にイラっとしました。
わざわざ友人に窃盗自慢したり、SNSにアップしたり、むやみやたらに証拠を残す辺り、普通に考えるとバカなんじゃないかとしか思えないのですが、まあそもそも罪の意識がないのですから、彼女達からしたらプレミアが付く商品をオークションで手に入れたぐらいの感覚なんでしょうね。
セレブが被害に合うとむしろ喜ぶアメリカの社会風潮にも問題ありですね。

と、最初は驚きつつ事態の推移を見守っていたのですが、映画的にはそれほど深みも無く、ただ事実を再現ドラマ的に作り上げただけって感じで、正直途中で飽きちゃったかな・・・。
もう少し彼女達の心理的な面を掘り下げるとか、何故あんな風に育ってしまったのかを描くとかあればまだ良かったのですが。

まあ日本でもツイッター騒動でしょっちゅう若者の信じられない異常行動が報道されていますが、今の世の中もはやこんなこと珍しくも何ともなくなっている辺り、ホント恐ろしいと言うか悲しい世の中になりましたねぇ。
あのエマ・ワトソンが演じた子のラストの行動、あれが全てを物語っていたのかなと。
それと唯一の男の子のオドオドした行動を見ると、女性の方が肝っ玉がデカイと言うのもよく分かりました(苦笑)
評価2.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック