【映画】僕だけがいない街

bokumati1.jpg

【解説・あらすじ】三部けい原作の大ヒットコミックを藤原竜也&有村架純共演で実写映画化し、タイムリープによって18年前の児童連続誘拐事件の謎に迫る青年の奮闘を描いたSFミステリー。ピザ屋でアルバイトする売れない漫画家・悟は、ある日突然「リバイバル」という特殊な現象に見舞われるように。それは、周囲で悪いことが起きる気配を察すると自動的にその数分前に戻り、事件や事故の原因を取り除くまで何度でも繰り返すというものだった。リバイバルによって大事故を防いだものの自らが大怪我を負った悟は、同僚の愛梨や上京してきた母の看病で回復していく。そんなある日、悟の母が何者かに殺害されリバイバルが起きるが、今回はなぜか数分前ではなく18年前だった。そこは、悟の同級生が被害者となった連続誘拐殺人事件が起きる直前の世界だった。監督は「ツナグ」「ROOKIES 卒業」の平川雄一朗。(映画.comより)

製作年:2016年
製作国:日本
監督:平川雄一朗
原作:三部けい
脚本:後藤法子
製作:福田太一、堀内大示、横澤良雄、岩田天植、島田和大、長坂信人、村田嘉邦、宮本直人、平田英己、市村友一
エグゼクティブプロデューサー:小岩井宏悦
プロデューサー:春名慶、丸田順悟、内山雅博
音楽:林ゆうき
主題歌:栞菜智世
主なキャスト:藤原竜也、有村架純、石田ゆり子、杉本哲太、及川光博、福士誠治、森カンナ、鈴木梨央、中川翼、林遣都、安藤玉恵、淵上泰史、高橋努、木村聖哉、篠田涼也、石川樹、笹岡ひなり、岩田丸、川守田政人、谷口翔太、石川紗彩、森川恵古、田中啓三
bokumati3.jpg
bokumati2.jpg

【感想】
いろいろと気になる部分の多かった映画ではありましたが、過去パートでの子役達の演技には胸熱くさせられました!
それだけでも十分見る価値はあり、これで現在パートがもう少し上手く作られていたら言うこと無しだったんですけどね、終盤の雑さ加減が何とも勿体無かったなぁ。
私は原作もアニメ版も見てないんで、別に原作と違おうがこの映画自体が面白ければ全然問題なかったのですが、さすがに終盤は駆け足過ぎだし辻褄が合わないし違和感もたっぷりだしで、いまいち納得はできませんでした。

真犯人も、キャスティングの時点でバレバレ過ぎでは?
あの方の最初の登場シーンでもうたぶんコイツかなと、漠然と思ってしまいましたから。
一応ミスリードしようとして怪しい人物を登場させはしてましたが、結果やっぱり感は否めずで・・・。
最後の対決シーンも、もう少し何とかならなかったものか、終わってみればタイトル通りで切なさたっぷりではありましたが、もう少しうまい見せ方をしていたら、もっとグッと来たような気もするのですが。

とまあ他の部分も含めて突っ込みどころは多々ありましたが、何だかんだでそれなりの満足感を得られたのは、やはり過去パートの出来が良かったからですかね。
リバイバルにいろいろと疑問な部分はあるのですが、もう過去パートの子役達の熱演で全て相殺!
特に雛月を演じた鈴木梨央の演技は鳥肌物、おかげで思わず悟がんばれ、雛月を守ってくれと心から願ってしまいましたもんね。
何かと虐待のニュースが飛び込んでくる昨今だけに、余計に感情移入させられましたよ。

また雛月の母親役の安藤玉恵がいい感じにクズ母ぶりをみせて盛り上げてくれるんですよね。
逆に悟の母親は対照的な聖母ぶり、石田ゆり子がとにかく美しい、さすがに現代パートで藤原竜也の母親なのは年齢的に違和感たっぷりでしたけど(藤原竜也は何歳の役なんだろ?)、微妙な方言のイントネーションには何故か萌えました。
悟の少年時代を演じた中川翼も初々しくて良かった、演出的にはリバイバルしてきたのに思考が子供のままなのは気になりましたけどね(苦笑)
他にもホント気になるところを挙げたらキリがないのですが、過去パートの良さで十分カバー、若干お飾り臭は漂ってましたが有村架純の可愛さも相まって、まずまずは楽しめました。
評価3.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

僕だけがいない街
Excerpt: 売れない漫画家の藤沼悟は、自分の意志とは無関係に、何度も同じ時間を繰り返してしまう【リバイバル】という特殊な現象に巻き込まれてしまう。 彼はバイト仲間の愛梨の力を借りながら、「現在」で殺害された母、そ..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-05-18 17:16