【映画】貞子3D

sadako1.jpg

【解説・あらすじ】Jホラーブームの火付け役となりハリウッドリメイクもされた「リング」(1998)の名物キャラクター・貞子がもたらす新たな恐怖を3Dで描く。教師の茜が勤務する女子高で、インターネットで配信された自殺の生中継映像が噂になる。その映像を見た各地の人々が同時期に死を遂げ、茜の教え子の典子もまた不可解な死を遂げてしまい……。「リング」原作者の鈴木光司がオリジナルストーリーを考案。石原さとみがホラー映画初主演を務め、茜の恋人役で瀬戸康史が共演。貞子役は「告白」などで注目を集める若手女優の橋本愛。監督は「ハンサム★スーツ」「高校デビュー」の英勉。(映画.comより)

製作年:2012年
製作国:日本
監督:英勉
原作:鈴木光司
脚本:藤岡美暢、英勉
製作:椎名保、籏啓祝、内藤酵治、松世弘、山道秀樹、武本慎一郎
エグゼクティブプロデューサー:井上伸一郎
プロデューサー:小林剛、今安玲子、佐藤満
企画:池田宏之
プロジェクト統括:安田猛
音楽:川井憲次
主題歌:シド
主なキャスト:石原さとみ、瀬戸康史、高橋努、染谷将太、高良光莉、喜多陽子、平祐奈、おぞねせいこ、鈴木宗太郎、山本裕典、田山涼成、橋本愛
sadako3.jpg
safako2.jpg

【感想】
ブラウン管のTVから飛び出してくる「リング」の貞子は夢に出てきそうなぐらいのおぞましさがありましたが、本作の貞子は遊園地のアトラクション的な貞子で、怖さと言う点では皆無に等しかったですね。
あの寒気を催すぐらいの恐怖に恐れ戦いた貞子はいずこへ・・・。
まあPCやスマホや街頭のオーロラビジョンから飛び出してくる貞子も、ある意味今の時代の貞子って感じでアイデアとしては面白かったですけど、これで怖がれと言われてもちょっとねぇ、とりあえず笑うしかないでしょ・・・。

しかも後半のクモ型貞子は一体何?
モンスターパニック映画と化した終盤の展開には、唖然呆然。
そう言う映画(B級パニック物)ならそれはそれで楽しかったりもするのですが、貞子がこれはいけません!
モンスター貞子VSモンスター石原さとみって、もう何の映画だか訳が分からない(苦笑)
まあ石原さとみと橋本愛の美の競演にはうっとりでしたし、ホラーであることを忘れて夢心地な気分にはさせてもらいましたが、終わってみると全く納得できないストーリー展開に、苦笑いするしかなかったです。

しかし主人公の茜は何で特殊能力を持っているのか、この映画を見る限りでは謎過ぎでしたね。
こうなると方向性が全く違う映画になるのはある種必然でしょう。
それでいてあの結末、もう絶望的に脚本が酷すぎます。
孝則がモンスター茜に惹かれたのも、これだと単純に学生時代を演じた平祐奈が可愛かったからだけとしか思えないし・・・まあとにかく、いろいろと酷い展開で、当時酷評祭り状態になったのも概ね納得の内容でした。
ただ、平祐奈→石原さとみに成長だけはいいチョイスでしたけど。

貞子復活を画策する柏田の動機も、何かしっくり来なかったですね。
ニコニコ動画を5人しか見てないと言う突っ込みどころはまだしも、もう少し見る者を納得させるようなストーリー展開を見せてほしかったなぁ。
孝則の友人役の染谷将太の使い方も中途半端すぎて勿体無かった。
で、結果笑いどころや萌えどころには案外満足しつつも(そこは本来求められてないのですが)、ホラーとしては貞子抜きに考えたとしても相当微妙と言わざるを得ないでしょう。
評価1.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

貞子3D
Excerpt: 鮎川茜が勤める女子高で、ある男の自殺を生中継した動画が噂となる。 その動画を見た者は全て死んでしまうのだ。 そんな時、茜の教え子・典子が不可解な死を遂げる。 さらに、各地でも同じような不審死が相次いだ..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-05-18 21:37