【映画】ドライブイン蒲生

doraibuinn1.jpg

【解説・あらすじ】映画化もされた「指輪をはめたい」や芥川賞を受賞した「八月の路上に捨てる」で知られる作家・伊藤たかみの同名小説を、染谷将太と黒川芽以の主演で映画化。街道沿いのさびれたドライブインを経営する家庭に生まれた姉サキと弟トシ。ヤクザ崩れでろくでなしの父親のせいで、2人は物心ついたころから「バカの一家」と蔑まれ、絶望したサキは非行に走った挙句、妊娠して家を飛び出してしまう。それから数年後、夫のDVから逃れて出戻っていたサキは、トシの制止を聞かずに幼い娘を連れて夫との話し合いに向かうと言い出し、トシも同行することに。そんな姉弟の胸中には、今は亡きろくでなしの父への思いが去来する。柳町光男や相米慎二、石井聰亙らの作品で撮影監督を務めてきた名カメラマンのたむらまさきが、75歳にして監督デビューを飾った。(映画.comより)

製作年:2014年
製作国:日本
監督、撮影:たむらまさき
原作:伊藤たかみ
脚本:大石三知子
企画、プロデュース、監督補:越川道夫
プロデューサー:石井稔久
音楽:ヤマジカズヒデ
主なキャスト:染谷将太、黒川芽以、永瀬正敏、小林ユウキチ、猫田直、平澤宏々路、吉岡睦雄、田村愛、足立智充、鈴木晋介、黒田大輔
doraibui2.jpg
doraibu3.jpg

【感想】
大して盛り上がるような「コト」は起きないので、単純に面白かったとは言い難いのですが、でも決して嫌いではない映画でした。
勿論、嫌いじゃない理由は染谷将太&黒川芽以の演技あってこそのもので、話だけ見ればつまらないと言う意見の方が多いのも、それはそれで納得だったりもするのですが・・・。

本作のたむらまさき監督は、相米慎二監督等の名立たる名監督の下でずっと撮影をしてきた方なんだそうで。
やたら長回しのシーンが多かったのは、そう言った訳なんですね。
おかげで役者の演技は十二分に堪能できたのですが、こう言った方が作られた映画は、大抵ストーリー構成が微妙だったりするのもあるあるだったりしますよね・・・(苦笑)
ただそんな有って無いような不器用なストーリー構成も、終わってみれば何となく憎めない要因でもあったりはするのですが。

しかしヤンキー思考の映画で、こう何も起きない感じの映画もまた珍しいような?
かと言ってゆる系って訳でもなかったし、ホント印象に残らない、まさしく田舎でもなく都会でもない街道沿いのドライブインのような映画でしたね。
劇中でドライブインの意味を子供に説明するシーンがありましたが、何気にあの台詞がこの映画で一番印象深かったかも。
旅行中空腹に負けて国道沿いのディープなドライブインに入ってしまう時が稀にあるのですが、なかなか当たりに出会えないのも妙に納得!
でも、そんな微妙具合も嫌いではないんですけどね・・・ただ、回想シーンに出てくるドライブイン蒲生レベルは、さすがに手が出ないかな(笑)

で、結局のところ何を描きたかった映画なのかはいまいち掴めなかったのですが、口悪く頭の悪い父親を心底毛嫌いしていた黒川芽以演じる姉と、案外そんな父を嫌いではなかった染谷将太演じる弟のヤンキーもどきな日々は、特別何かが起こるような訳でもないくすんだ日々でしたが、2人の高い演技力もあって、何となく見入ってしまいました。
姉が抱く父への本当の想いが少しだけ表れたシーン、何気に結構好きでしたよ。
染谷将太のいきがってるけどヘタレっぽい感じも最高でしたね!
評価3.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

ドライブイン蒲生
Excerpt: 夫・博志からDV(家庭内暴力)を受けていた身重の沙紀は、4歳の娘・亜希子を連れて実家に戻っていたが、話し合いのため博志と会うことになった。 母しのぶから付き添うように言われた弟・俊也の運転で目的地へ向..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-05-22 16:15