【映画】の・ようなもの のようなもの

matukennnoyouna.jpg

【解説・あらすじ】2011年に急逝した森田芳光監督のデビュー作「の・ようなもの」(1981)のその後を描くオリジナル作品。東京の下町。落語家一門の出船亭に入門した志ん田(しんでん)は、師匠の志ん米(しんこめ)から、かつて一門に在籍していた志ん魚(しんとと)を探してほしいと頼まれる。志ん米は、一門のスポンサー的存在で、志ん魚を贔屓にしている女性会長のご機嫌をとるため、もう一度志ん魚を高座に引っ張り出そうと考えていた。志ん田は、師匠の弟弟子である志ん水(しんすい)や昔の門下生を訪ね歩いて手がかりを集めようとするが、なかなかうまくいかず……。「の・ようなもの」ほか多数の森田作品で助監督や監督補を務めた杉山泰一がメガホンをとり、森田監督の遺作となった「僕達急行 A列車で行こう」でも主役を演じた松山ケンイチが主演。伊藤克信、尾藤イサオ、でんでんといった前作にも出演したキャストが、同じ役柄で登場する。(映画.comより)

製作年:2016年
製作国:日本
監督:杉山泰一
原案:森田芳光
脚本:堀口正樹
製作総指揮:大角正
製作代表:高橋敏弘、佐野真之、安田猛、矢内廣
プロデューサー:三沢和子、池田史嗣、古郡真也
音楽:大島ミチル
主題歌:尾藤イサオ
主なキャスト:松山ケンイチ、北川景子、伊藤克信、尾藤イサオ、でんでん、野村宏伸、鈴木亮平、ピエール瀧、戸谷公人、大平夏実、菅原大吉、小林まさひろ、小林麻子、大野貴保、小林トシ江、古今亭志ん橋、荒谷清水、真凛、竹内寿、横田鉄平、白木隆史、あがた森魚、内海桂子、鈴木京香、佐々木蔵之介、塚地武雅、笹野高史、宮川一朗太、仲村トオル、三田佳子
matrukennno2.jpg
matukenn3.jpg

【感想】
つい先日前作を鑑賞したばかりなんで、リアルタイムで見た方のように懐かしい想いに駆られることは無かったですが、まあこれが良いのか悪いのかは何とも言えないところですが、今回は思いのほか普通にいい映画に仕上がっていましたね。
何せ前作がとにかく独創性溢れる奇抜さでしたので、逆に今回は普通過ぎてビックリ。
ただ正直私自身は前作の奇抜さにいまいちついて行けなかったものですから、今回の作風でちょうど良いぐらいでしたけど。

森田芳光監督の下で長く助監督を務めた杉山泰一監督も、まあ森田監督と同じことをやっても敵わないと言うのはよく分かっているでしょうから、まあこれはこれでOKなんじゃないかなと・・・でも、前作ファンには物足りない可能性大でしょうな・・・。
あの意味不明な構成、変態チックな作風は、ホント強烈でしたもんねぇ。
とは言え、何者にも成り切れない者達の自分探し的な青春人情喜劇テイストの本作の方が、私自身は圧倒的に好きですよ、ごく普通の映画ファンとしては、やっぱり万人向けがホッとします(笑)

しかし35年後に作られた続編なのに、前作キャストがそのままの役で多数出ていたのは面白かったですね!
特に伊藤克信のしんととは風貌は老けてブヨブヨになっていたのに、雰囲気や話し方は全然変わっていなくて妙にほっこりとさせられました。
逆に伊藤克信やでんでんと違って、師匠役の尾藤イサオは雰囲気が全く変わっておらず、これまたある意味ビックリ。
ただ、尾藤イサオの使い方・生かし方が、前作に比べると今回はやや微妙だったのはちょっと勿体無かったかな。
まあ主題歌は相変わらず素晴らしかったですけどね、あの歌を聴くと物凄くいい映画を見た雰囲気にさせられます。

前作のキャスト以外はほぼ森田監督ゆかりの役者で、特に主役の松山ケンイチとヒロインの北川景子は、前に出演した映画の役を髣髴とさせるような役柄にニヤリとした方も多かったのではないでしょうか。
森田作品絡みでだけ見せる北川景子のはじけっぷりは、ある意味貴重と言えましょう。
しかし生真面目なしんでんと、対照的な生き方をするしんととの絡みはホント面白かったなぁ。
下町情緒溢れる人情味に、心が和みました。
評価3.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

の・ようなもの のようなもの
Excerpt: 東京、谷中。 30歳で脱サラし落語家になったものの、いまだに前座の出船亭志ん田。 彼は師匠・志ん米の自宅に住み込み修行中で、師匠の娘・夕美に秘かな想いを寄せていた。 ある日、志ん田は志ん米から、以前こ..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-06-04 11:49