【映画】ピンクとグレー

a1.jpg

【解説・あらすじ】ジャニーズの人気グループ「NEWS」の加藤シゲアキが2012年に発表した処女小説を、「世界の中心で、愛をさけぶ」「北の零年」の行定勲監督が映画化。脚本を担当する若手劇作家・蓬莱竜太と行定監督が原作を大胆にアレンジして再構成し、小説では明かされなかったエピソードも描く。人気俳優の白木蓮吾が急逝した。自殺か他殺かも判明しない中、彼の少年時代からの親友で死の瞬間にも立ち会った売れない俳優・河田大貴に世間の注目が集まるが……。テレビドラマ「半沢直樹」や「水球ヤンキース」などで俳優としても注目を浴びる「Hey! Say! JUMP」の中島裕翔が映画初出演にして主演を務め、「そこのみにて光輝く」の菅田将暉、「海街diary」の夏帆、「誰も知らない」の柳楽優弥といった若手実力派が脇を固める。(映画.comより)

製作年:2015年
製作国:日本
監督:行定勲
原作:加藤シゲアキ
脚本:蓬莱竜太、行定勲
製作:堀内大示、長澤修一、藤島ジュリーK.
企画:菊池剛
プロデューサー:井上文雄、片山宣、千綿英久、小川真司
音楽:半野喜弘
主題歌:ASIAN KUNG-FU GENERATION
主なキャスト:中島裕翔、菅田将暉、夏帆、柳楽優弥、岸井ゆきの、千葉哲也、マキタスポーツ、入江甚儀、橋本じゅん、篠原ゆき子、矢柴俊博、宮崎美子、小林涼子、加藤シゲアキ、滝沢聖波、込江海翔、二階堂梨花、松永玲子、白石和彌、三浦誠己、岡本あずさ、伊藤さとり
a2.jpg
a3.jpg

【感想】
原作は読んでないので詳しいことは分かりませんが、著者はジャニーズアイドルグループ「NEWS」の加藤シゲアキなんだそうで。
私は正直NEWSで唯一「知らない人」だったのですが、ジャニーズにはホント多才な方が数多く存在しますね、話の筋自体はなかなかのものだったと思うので、ジャニーズ唯一の作家枠としての活躍が今後期待できそうな予感です。

で、原作がジャニーズ、主演もHey! Say! JUMPの中島裕翔と言う事でこちらもジャニーズ、普通なら劇場鑑賞はスルーなのですが、気になる予告編と監督が行定勲なところに惹かれたので見てみたら(客はほぼ女性のみ)、確かに謳い文句通り開始62分後の衝撃!普通に予想してなかったので、しばらくの間混乱してしまいました。
考えてみればどこか前半はオーバーアクト気味な演出だったとは思いましたけど、そう来ましたか~。
ピンクとグレーの使い分け、本当にお見事でした。

しかし、終盤に向かうに連れてやや失速、途中までは心揺さぶられる内容だったのに、終わってみると思いのほか心には響いておらずで。
ある意味「しょーもな」な結末にニヤリとはしましたけど・・・原作もこんな感じなのかな?
まあでも他人の心って分からないものだねぇ、って自分自身の心さえも分かってないんだから、当たり前か。
結末はとりあえず置いといて、特に前半の中島裕翔演じるゴッチこと白木蓮吾がトップスターになるまでの話は、ホント見入ってしまいましたよ。
菅田将暉演じるリバちゃん、夏帆演じるサリーを含めた三人の幼馴染による危うげな三人の関係性も、いかにも青春の一ページと言う感じで甘酸っぱくて良かったねぇ。

変に謳い文句が挑戦的過ぎて、そっちにばかり気を取られそうですが、リバちゃんの劣等感を軸にした話そのものはグサッと心に突き刺さる感じで、何気に素晴らしかったと思いましたよ。
グレーになってもリバちゃんはリバちゃん、でもその感覚を愛おしく思うゴッチの図はある種の救いだったと言えましょうか。
それにしても菅田将暉と夏帆の演技の奥行きの深さには感服、逆に中島裕翔が良くも悪くも終始平坦に見えたのは、これも行定監督の狙いだったのかな?
しかし終盤の展開が返す返すも惜しかったねぇ。
評価3.5点(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック