【映画】天使の処刑人 バイオレット&デイジー

a1.jpg

【解説・あらすじ】「つぐない」「ハンナ」のシアーシャ・ローナンと「旅するジーンズと16歳の夏」「シン・シティ」のアレクシス・ブレーデルが、ティーンエイジャーの殺し屋に扮したアクションドラマ。ニューヨークでお手軽な仕事だけを請け負う殺し屋のバイオレットとデイジーは、あこがれの新作ドレス欲しさに、ある仕事を引き受ける。それは、自ら電話をかけ殺してほしいと頼んできた男を殺すだけの、ごく簡単な仕事のはずだった。しかし、男は別の殺し屋にも狙われており、2人は思わぬ事態に巻き込まれていく。「プレシャス」でアカデミー脚本賞を受賞したジェフリー・フレッチャーが、オリジナル脚本で初監督を務めた。(映画.comより)

製作年:2011年
製作国:アメリカ
監督、脚本:ジェフリー・フレッチャー
製作:ジェフリー・フレッチャー、ボニー・ティマーマン
製作総指揮:ジョン・ペノッティ、ジェームズ・スコッチドープル
音楽:ポール・カンテロン
主なキャスト:アレクシス・ブレーデル、シアーシャ・ローナン、ジェームズ・ガンドルフィーニ、ダニー・トレホ、マリアンヌ・ジャン=バプティスト、タチアナ・マズラニー、コディ・ホーン
a2.jpg
a3.jpg

【感想】
邦題から女殺し屋によるバイオレンスアクションを想像していましたが、これは予想外、まあ期待ハズレと言えば期待ハズレなのですが、こんな期待の裏切られ方もまあ嫌いではない裏切られ方だったので、これはこれでありかなとは思えました。

とは言え、やはりこの邦題はさすがに問題ありでしょう、どう考えてもバイオレンスアクションの方を期待しちゃいますからねぇ・・・。
一応冒頭と中盤ぐらいに主人公の美少女2人によるガンアクションはありましたが、それ以外はどちらかと言えばちょっと変わった青春映画と言うか、ちょっと変わったヒューマンドラマと言うか、まあそんな感じでしたので、アクションを期待してしまうと肩透かしに合うこと確実かと思いますのでご注意を。

しかしほとんどの時間を割いた美少女殺し屋2人とターゲットである殺されたい男の不思議でシュールな空間が、妙に心地良くて、しかも泣けて、思いっきり感情移入させられてしまいましたよ。
ターゲットの男を演じた故ジェームズ・ガンドルフィーニの演技がとにかく素晴らしくて、最後は思わず涙でした。
何故彼は殺されたかったのか、今は亡きガンドルフィーニ本人とやや状況がダブるところもあったようで、余計に感情移入させられてしまいました。
少女2人との不思議な空間は、まるで擬似親子体験のようで、微笑ましくもありましたね。

まあ殺し屋としてのリアリティーは皆無、突っ込みどころも満載なので、そこは割引が必要ですが、2人の成長物語として見る分には、十分楽しめる映画だったかなと思いました。
シアーシャ・ローナン鑑賞映画としては勿論大満足、ファンの方は必見でしょう。
しかしシアーシャの相棒役のアレクシス・ブレーデルは、シアーシャより実年齢は10歳以上年上なんですね、童顔過ぎてビックリでした。
ちなみにダニー・トレホは殺し屋のボス役としてチョイ役出演のみなんで、トレホ詐欺にはご用心(笑)
トレホにも銃ぶっ放してほしかったなぁ・・・。
評価3.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック