【映画】人のセックスを笑うな

a1.jpg

【解説・あらすじ】第41回文藝賞に輝いた山崎ナオコーラの同名小説を、松山ケンイチ、永作博美、蒼井優ら豪華キャストで映画化した恋愛ドラマ。「犬猫」で高い評価を受けた井口奈己監督が、年の差カップルの切なくも可笑しい恋模様をリアルに描き出す。美術学校に通う19歳の青年みるめは、20歳年上の講師ユリに絵のモデルを頼まれ、彼女のアトリエでそのまま関係を持ってしまう。初めて経験する恋に舞い上がるみるめだったが、実はユリには夫がおり……。(映画.comより)

製作年:2007年
製作国:日本
監督:井口奈己
原作:山崎ナオコーラ
脚本:本調有香、井口奈己
製作:河合洋、松下晴彦、廣瀬敏雄
プロデューサー:永田芳弘、西ヶ谷寿一
編集:井口奈己、増原譲子、海野敦
音楽:HAKASE-SUN
主題歌:MariMari
主なキャスト:永作博美、松山ケンイチ、蒼井優、忍成修吾、市川実和子、藤田陽子、MariMari、木下実香、佐藤ただすけ、饗場詩野、中谷竜、井上千里、高瀬尚也、白珠イチゴ、ニューマリオネット、あがた森魚、温水洋一、桂春團治
a2.jpg
a3.jpg

【感想】
「ニシノユキヒコの恋と冒険」で井口奈己ワールドは体験していたので、作風のユルさにある程度耐性は出来ていましたが、でも相変わらずユルい、ユルかったですねぇ~ホント。
好きな方はこう言うの本当に好きなんでしょうが、私的にはどうしても間延び感が否めずで、まあ嫌いではないのですが、やっぱり嵌るところまではいかなかったと言うのが正直なところでしょうか。

それと井口奈己監督の真骨頂とも言える長回しの多さも、好みが分かれるところですよね。
まあそれによって役者の演技は十二分に堪能できましたし、妙に生々しくてほとんどアドリブかと思わせるようなリアルさ(キスシーンが特に)も堪能できたところは良かったのですが、無駄に長いのが難点で、そこは一長一短と言ったところでしょうか。
まあその長い空間の中で細かい心理描写は感じ取れましたから、通受けしそうな気はしましたけど、万人受けはしなさそうな・・・。

ただ話自体は結構好みで、誰もが経験したであろう年上の異性への憧れと言う点では共感した部分も多々あって、思わず見入ってしまいました。
永作博美が演じた39歳の自由奔放な美術の先生がまた小悪魔的な魅力があって、それは学生なら間違いなくイチコ ロですよね。
あの自由さ、憎たらしいぐらいの余裕感、まだLっぽい雰囲気の若い松山ケンイチが年上女性に溺れるのは妙に納得の一幕でした。
この頃から松ケンは年上女性が好きだったのか(笑)

松ケンを追いかけるも相手にされない蒼井優、友人を装いつつも蒼井優へ秘めた思いを募らせる忍成修吾、この構図もいかにも青春って感じで何か良かったですね。
皆気だるい感じの若者だったのも、ある意味映画的ではないリアルさを感じれて良かったような、ユル過ぎてダルかったような(苦笑)
しかし何だかんだで一番印象に残ったのは蒼井優だったかな、最後の笑顔もいいし、クッキー爆食いのシーンは最高でした!
評価3.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック