【映画】ゴーストバスターズ2

a1.jpg

【解説・あらすじ】「ゴーストバスターズ」の続編。前作の破壊活動の修理費が払えず、営業停止処分を受けたゴーストバスターズだが、300年の眠りから覚めた霊界の大魔王ビーゴと対決するために再結集。今回のクライマックスには自由の女神が登場。(映画.comより)

製作年:1989年
製作国:アメリカ
監督、製作:アイヴァン・ライトマン
脚本:ハロルド・ライミス、ダン・エイクロイド
製作総指揮:ジョー・メジャック、マイケル・C・グロス、バーニー・ブリルスタイン
音楽:ランディ・エデルマン
主なキャスト:ダン・エイクロイド、ビル・マーレイ、ハロルド・ライミス、シガニー・ウィーバー、リック・モラニス、アニー・ポッツ、アーニー・ハドソン、ピーター・マクニコル、デビッド・マーグリーズ、ジャネット・マーゴリン、フィリップ・ベイカー・ホール、ハリス・ユーリン、カート・フラー、ブライアン・ドイル=マーレイ、ベン・スタイン、チーチ・マリン、エリック・ホランド、ケビン・ダン、クロエ・ウェッブ、メアリー・エレン・トレイナー、ジェイソン・ライトマン、ボビー・ブラウン、アーロン・ラスティグ、スーザン・ボーム、ラルフ・モナコ、ロン・カミンズ、デイブ・フロレック、ビルヘルム・フォン・ホンブルグ、マックス・フォン・シドー(声)
a2.jpg
a3.jpg

【感想】
良い意味でも悪い意味でも前作からほぼ変化なし、しかも展開もまるで同じとは!
前作のヒットでもう少しスケールアップしても良さそうなものでしたが、全く背伸びすることなくお気楽に展開するこの感じ、まあ嫌いではないのですが、やっぱりもう少し変化は欲しかったかな・・・。
前作は単純に楽しかったけど、今回は正直途中でちょっと飽きがきましたから(苦笑)
あくまでファン向け、同窓会的なノリで作られた続編なようなので、これはこれで良いとは思いますが、もう少しインパクトのある何かが欲しかったですね。

何せ前作はラスボスのマシュマロ・マンが、今見てもインパクト大なキャラで、おいしいところを最後に全部持って行きましたからね。
それに比べると今回はラスボスが普通の悪役でインパクト無し、売りはあのアメリカの象徴と言えるアレが動くことだったらしいですが、てっきり敵キャラだと思っていたので、何となく肩透かし気味で・・・。
ゴーストバスターズなのに、ゴーストにまるでインパクトがなければ、それは前作は越えられませんよね。

まあでも、前作でおなじみのキャラ達が5年後に一体どんな生活をしてたのか、相変わらずのバカさ加減が微妙にツボを刺激して、まずまずは楽しめました。
特にビル・マーレイの軽口は、リアルにいたら嫌ですが、映画で見てる分には本当に癖になるキャラで、このシリーズには欠かせませんね。
勿論癒し系ダン・エイクロイドのボケっぷりもたまりません!

ところで前回途中加入した4人目の男は、相変わらずキャラが薄いのは狙いなの?
まあその分、前回もいい味出してたギャグ担当リック・モラニス演じる弁護士(会計士)が今回もおいしいところを持っていって楽しませてはくれましたけどね。
しかしシガニー・ウィーバーがヒロインなのはどうしても違和感、いい女キャラと言うよりは、一人エイリアンバスターズですから(笑)
評価3.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

ゴーストバスターズ2
Excerpt: 幽霊退治屋”ゴースト・バスターズ”が、人々の憎しみをエネルギーとする魔神ビーゴと対決するために帰ってきた…。 SFコメディ。
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-06-27 19:49