【映画】海難1890

a1.jpg

【解説・あらすじ】日本とトルコの友好関係の礎となったエルトゥールル号遭難事件を題材に、日本・トルコ合作で映画化したヒューマンドラマ。1890年9月、オスマン帝国の親善訪日使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号が和歌山県沖で座礁し、乗組員618人が荒れ狂う海へと投げ出された。500人以上もの犠牲者が出る中、地元住民の懸命な救助活動によって69人の命が救われ、トルコへ帰還。この事件をきっかけに、日本とトルコの間に厚い友情が結ばれることとなった。そして1985年、イラン・イラク戦争で緊張が高まるテヘランに日本人215人が取り残され、日本大使館はトルコに救出を依頼する。「家路」「臨場」の内野聖陽が、エルトゥールル号乗組員の介抱に奔走する医師役で主演。ヒロイン役の忽那汐里はそれぞれの時代に生きる女性を1人2役で演じた。監督は「利休にたずねよ」「化粧師 KEWAISHI」の田中光敏。(映画.comより)

製作年:2015年
製作国:日本
監督、企画:田中光敏
脚本:小松江里子
製作: 須藤泰司、木下直哉、間宮登良松、中村理一郎、薮下維也、近藤哲、木本敬巳、吉村和文、西本博嗣、松田陽三、沖中進、広田勝己、岸本一朗、本間雅之、板倉均
エグゼクティブプロデューサー:村松秀信
プロデューサー:天野和人、大原詔久、大谷亮介、小沢禎二、冨永理生子
音楽:大島ミチル
主なキャスト:内野聖陽、ケナン・エジェ、忽那汐里、アリジャン・ユジェソイ、夏川結衣、永島敏行、小澤征悦、宅間孝行、大東駿介、渡部豪太、徳井優、小林綾子、螢雪次朗、かたせ梨乃、竹中直人、笹野高史、川野直輝、三輪ひとみ、斉藤とも子、池谷のぶえ、みのすけ、辻本祐樹、金子昇、高田敏江、上田耕一、メフメット・オズギュル、ウール・ポラット、ジェム・ジュジェンオール、メルト・アユギュン、エルカン・ぺクバイ、ハリト・ムズラクル、メリス・ババダー、タメル・レベント、エライ・アヤズ、ハック・ハルック・ジョメルト、デニズ・オラル
a2.jpg
a3.jpg

【感想】
今回この映画で初めて日本とトルコの間にあった感動秘話的史実を知りました。
まあ勿論映画的には相当な脚色があったことは間違いないところでしょうが、そこを差し引いても時を越えた両国の民間レベルでの友情秘話に、感動させられましたし思わず涙でしたね。
言葉は通じなくても心は通じ合う、言葉で書けば本当に陳腐なものですが、歴史が証明して見せたその事実には、心揺さぶられました!

目の前に救える命があったなら、自分のことは二の次にしてでもその命を助けたい、そう常々思ってはいても、そう簡単には出来ることではありません。
しかしそれを実践した和歌山の方々、そしてトルコの方々には頭が下がる思いで一杯です。
無償の愛とはまさしくこのことですよね。
トルコ政府の英断もまた素晴らしいの一言、それに比べて我が日本の政府は・・・。
むず痒くなるぐらい全て美談で構成された作品でしたけど、そこだけはちょっとリアルに恥ずかしい事実だったかも(苦笑)

ところでこの映画、二部構成の映画と言うことで、ニつの時代が半々ぐらいに描かれているのかなと思って見ていたら、多くの時間を和歌山沖での海難事故に費やしていたんですね。
まあタイトルからすれば当然は当然ですけど、テヘランパートがいくら時間が短いからとは言え脚本が物凄くやっつけと言うか、テレビの再現ドラマレベルだったのにはちょっとビックリ、と言うかゲンナリ。
史実には感動しましたが、海外の撮影だったとは言えもう少し何とかならなかったのかなぁ。

と、気になる部分はありましたが、日本パートは臨場感のある映像&役者の熱演もあって(演出面では気になる部分多々ですが)、見応え十分な内容になっていたと思いましたし、日本人としてとても誇らしく思えました。
何事も真心を持って接すれば、きっと伝わるはずってことですね。
今後もトルコとの友好が永遠に続くことを願ってやみません。
評価4.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

海難1890
Excerpt: 1890年、和歌山県紀伊大島樫野(現:串本町)。 トルコのエルトゥールル号が樫野崎沖で沈没。 住民は総出で救出活動を行い、医師・田村と助手のハルはケガ人の手当てに追われることに…。 …1985年、イラ..
Weblog: 象のロケット
Tracked: 2016-06-02 06:21