【映画】デッド寿司

a1.jpg

【解説・あらすじ】「片腕マシンガール」「電人ザボーガー」の井口昇監督が人食い寿司の恐怖を描いた異色のパニック映画。伝説の寿司職人を父に持ち、自身も職人を目指していたケイコだったが、修行の厳しさに耐えかねて逃げ出してしまう。田舎の温泉旅館で仲居の職を得たケイコは、女将に叱責されながらも、元寿司職人の澤田の優しさに支えられてなんとか働き続ける。しかし、ある日、怪しい男が旅館を訪れ、評判の寿司料理に薬を注入。すると寿司が血に飢えた殺人寿司へと変貌し、宿泊客を次々と血祭りにあげていく。主演は「ハイキック・ガール!」「KG カラテガール」の武田梨奈。

製作年:2012年
製作国:日本
監督、脚本:井口昇
エグゼクティブプロデューサー:大谷勝己
プロデューサー:永田素久、坂井洋一、福井真奈
アクション監督:鈴村正樹
音楽:福田裕彦
主題歌:SCANDAL
主なキャスト:武田梨奈、松崎しげる、須賀貴匡、仁科貴、亜紗美、村田唯、ジジ・ぶぅ、島津健太郎、手塚とおる、津田寛治
a2.jpg
a3.jpg

【感想】
寿司が人を襲うと言う、まさしく井口昇ワールド全快のエロ・グロ・バカ3拍子が揃ったトンデモ系作品でしたが、ここまでやりたい放題だとある意味気持ちいいですね。
どうせ頭の堅い映画ファンがこの作品を見ることは無いでしょうから、もう好きにしてくださいって感じです(笑)
まあ完全にグロバカ映画ですので、これを見て得るものは何も無いですが、このバカさ加減・・・私は嫌いじゃないですね。

ただ、食べ物を相当粗末にしているので、その辺りで嫌悪感を抱く方は多数いることでしょう。
正直気持ち悪くなりそうなシーンが結構ありましたからね(苦笑)
まあ中途半端じゃなく、ここまで突き抜けちゃえば、もうこれはこれでOKですけど。
しかし津田寛治料理長と亜紗美女将のあのシーンは、凄かったなぁ・・・あれが日本伝統のって、おい!
全編通して亜紗美のはじけっぷりが脳裏に焼き付いて離れません。

さて、寿司VS人間と言うことで、まあ何となく武田梨奈の超絶アクションで凶暴化した寿司を退治する映画なんだろうなと思っては見てましたが、やや不満なのは武田梨奈のアクションが思ったよりは少なかったことでしょうか。
勿論アクションシーンは多数盛り込まれてはいましたが、思いのほか効果的じゃなくてねぇ。
どちらかと言えばドジっぷりや表情萌えで楽しませてもらった感じでしょうか。
しかし「ハイキック・ガール!」の頃と比べれば、演技は格段に進歩しましたね。
逆に松崎しげるは良い意味で大根を貫いてますなぁ。

寿司に襲われる旅館客のパニック構図的シーンが長過ぎて、ちょっとダレた部分はありましたが、無駄な裸あり、無駄な血飛沫あり、くだらないけど笑っちゃう、こんな映画も時には悪くないなと思わされた作品でした。
そして玉子寿司が可愛かった!
評価3.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック