【映画】スイートプールサイド

a1.jpg

【解説・あらすじ】「惡の華」で知られる押見修造による、思春期特有の毛の悩みを抱える少年少女の姿を描いた異色青春コミックを実写映画化。男子なのに毛が生えないことに悩む高校1年生の太田年彦は、同じ水泳部の毛深い女子・後藤綾子をうらやましく思っていた。そんなある日の放課後、綾子から毛深いことに対する悩みを相談され、「私の毛を剃ってくれない?」と依頼されたことから、年彦は綾子の腕の毛とスネ毛を毎週剃るという秘密の関係を結ぶ。やがて年彦は綾子に対して特別な感情を抱くようになるが……。「アフロ田中」「自分の事ばかりで情けなくなるよ」の新鋭・松居大悟監督がメガホンをとり、須賀健太と刈谷友衣子が主演。松居監督の「アフロ田中」に主演した松田翔太も出演している。(映画.comより)

製作年:2014年
製作国:日本
監督、脚本:松居大悟
原作:押見修造
製作:高橋敏弘
プロデューサー:永井準哉
ラインプロデューサー:大熊敏之
音楽:HAKASE-SUN
主題歌:モーモールルギャバン
主なキャスト:須賀健太、刈谷友衣子、落合モトキ、荒井萌、太賀、井之脇海、木下隆行、利重剛、池田菜都美、河原美結、難波美沙貴、日向みお、谷村美月、松田翔太
a2.jpg
a3.jpg

【感想】
途中までは物凄く面白かったです!
思春期の悩み、毛に纏わる異色の青春ストーリーに、役者の好演もあって思わず見入ってしまったのですが、後半はさすがに暴走しすぎて、少々付いていけなくなったところも・・・。
中盤までは傑作の香りも漂っていただけに、勿体無い。
勿論、傍目から見たら大したことのないことを真剣に悩むのが青春だったりもしますから、理解できない訳ではないのですが、映画としての見せ方としてもう少し・・・。

そもそも引き気味の題材を前半は見事に感情移入できる青春ストーリーに仕上げただけに、変に期待値が上がってしまったところもあるのでしょうが、あの太田のぶっ壊れ具合は、盛り上がった気持ちが見ていて急速に冷めてしまったなぁ。

まあでも、アソコの毛が生えないことに悩むツルツル坊やと全身剛毛美人娘が織り成す青春ストーリーは、設定の秀逸さもあって、間違いなく面白かったのは面白かったんですけどね。
毛に悩んでいるのに何故か水泳部なのがまた何とも(笑)
青春ならではの甘酸っぱさ、切なさ、そして変態チックな妄想と、異色と王道のコラボ具合は本当に見事だったと思いました。

しかし太田が後藤の毛を剃るフェチ臭たっぷりのシーンは、大してエロそうな描写でもないのに妙にエロかったなぁ。
プール以外での競泳水着がまたエロさに拍車をかけるんですよね。
恥じらいを見せる刈谷友衣子の演技、ドギマギする須賀健太の演技、素晴らしかったです!
全てを受け入れてくれる坂下も悪くないけど、やっぱり後藤だよなぁ~。
この作品以降休業中の刈谷友衣子、逸材だけに復帰を期待したいのですが、どうなってるんでしょうかね?
評価3.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック