【映画】ギャラクシー街道

a1.jpg

【解説・あらすじ】三谷幸喜の長編映画監督7作目で、三谷映画としては初めて宇宙が舞台に設定され、全員が宇宙人の登場人物たちによって織りなされるスペースロマンティックコメディ。香取慎吾が主演し、綾瀬はるかがヒロインを務めるほか、優香、遠藤憲一、小栗旬、大竹しのぶ、西田敏行ら豪華キャストが集う。西暦2265年、木星と土星の間に浮かぶスペースコロニーの「うず潮」と地球を結ぶ、スペース幹線道路「ギャラクシー街道」は、老朽化が進んで廃止の噂もささやかれていた。そんな街道の中央にひっそりとたたずむハンバーガーショップ「サンドサンドバーガー・コスモ店」には、スペース警備隊やスペースヒーロー、スペース客引き、スペース娼婦など、今日も様々な宇宙人たちが集う。(映画.comより)

製作年:2015年
製作国:日本
監督、脚本:三谷幸喜
製作:石原隆、市川南
プロデューサー:前田久閑、和田倉和利、西原恵
ラインプロデューサー:森賢正
音楽:荻野清子
主なキャスト:香取慎吾、綾瀬はるか、小栗旬、優香、西川貴教、遠藤憲一、段田安則、石丸幹二、秋元才加、阿南健治、梶原善、田村梨果、浅野和之、山本耕史、大竹しのぶ、西田敏行
a2.jpg
a3.jpg

【感想】
公開後から物凄い酷評祭り状態になっていたので、ある程度覚悟をして鑑賞はしましたが、うむ・・・確かにこれは酷いかも(苦笑)
何の前情報もなくかなりの期待を持って鑑賞したならば、金返せぐらい思っても、何ら不思議ではない出来だったと思いましたよ。
私はこんなゆる~い笑いの作品は嫌いじゃないので多少は見れましたけど、豪華キャストを起用した三谷映画であることを考えると、お世辞にも褒められた内容では無かったかと。

何故SFと言うジャンルを選んだのかは知りませんが、ほぼSFである必要は無かったですよね。
普通にバーガーショップに来るおかしな客を題材にしたいつもの三谷流作品にした方が、まあ新鮮味は無いですが、よっぽど楽しめた気がしてなりません。
初ジャンルを試験的に作ってみたの?我々庶民が劇場鑑賞料金を払うのは、セレブの三谷氏が考えるほど簡単なことではないんですけどねぇ。

それと予告編も大いなるマイナス要素、ただでさえ笑えるシーンが少ないのに、ほぼツボどころは予告編で見せちゃってましたので、あのシーンかぐらいにしか思えず、残念の一言。
ただキャプテンソックスの活躍シーンは、何だかんだで結構笑えましたけどね。
あと西川貴教のスズが妙に可愛らしかったのも印象には残りました。
しかし一番の笑いどころである遠藤憲一絡みのシーンを、予告編で見せ過ぎてしまったのは本当に勿体無いねぇ・・・。

それにしても、全体的に笑いの質がゲス過ぎたんじゃないの?
まともな映画ファンは、これだと途中退場してもおかしくないような。
綾瀬はるかの天然的な可愛らしさとおいしそうにバーガーを食べるシーンは唯一の救いでしたが、全体的には気分の悪い笑いで、世間の評価に今回は思いっきり納得させられた作品でしたね。
評価1.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック