【映画】岸辺の旅

a1.jpg

【解説・あらすじ】湯本香樹実による同名小説を黒沢清監督が映画化し、第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で監督賞を受賞。深津絵里と浅野忠信が主役となる夫婦を演じた。3年前に夫の優介が失踪した妻の瑞希は、その喪失感を経て、ようやくピアノを人に教える仕事を再開した。ある日、突然帰ってきた優介は「俺、死んだよ」と瑞希に告げる。「一緒に来ないか、きれいな場所があるんだ」との優介の言葉に瑞希は2人で旅に出る。それは優介が失踪からの3年間にお世話になった人々を訪ねていく旅だった。旅の中でお互いの深い愛を改めて感じていく2人だったが、瑞希が優介に永遠の別れを伝える時は刻一刻と近づいていた。(映画.comより)

製作年:2015年
製作国:日本、フランス
監督:黒沢清
原作:湯本香樹実
脚本:宇治田隆史、黒沢清
製作:畠中達郎、和崎信哉、百武弘二、水口昌彦、山本浩、佐々木史朗
ゼネラルプロデューサー:原田知明、小西真人
エグゼクティブプロデューサー:遠藤日登思、青木竹彦
プロデューサー:松田広子、押田興将
助監督:菊地健雄
音楽:大友良英、江藤直子
主なキャスト:深津絵里、浅野忠信、小松政夫、村岡希美、奥貫薫、赤堀雅秋、千葉哲也、藤野大輝、松本華奈、石井そら、星流、いせゆみこ、高橋洋、深谷美歩、岡本英之、蒼井優、首藤康之、柄本明
a2.jpg
a3.jpg

【感想】
さすがはカンヌが絶賛した映画だけあって、ある程度予想はしていましたが、やはり私レベルが普通に楽しめる映画ではなかったみたいで。
単純にハートフルには描かない、単純に泣ける映画には仕上げない・・・何かいかにも通向け映画って感じがしましたね。
ラブストーリーと言う枠には嵌らない、ラブファンタジーホラーロードムービー?、作品の出来そのものは素晴らしいなと思いつつも、正直凡人の私にはいまいち作品に入り込めない壁みたいなものがあった気がしました。

まず何と言っても、細かい設定を理解するまでに少々時間が掛かりました。
浅野忠信が演じた旦那が幽霊であることは予告編等から分かってはいましたが、周りの人から普通に見えて、普通に生きている者として認識されている設定だったのがちょっとビックリ。
白玉をおいしそうに食べているところから不思議ワールド発動ですよね。
他にもたくさんの浅野忠信状態な人間が登場、こんなホラーでファンタジーな展開をサラリと描く黒沢清監督、凄すぎです。
しかし深津絵里の作った素朴な白玉、おいしそうだったなぁ~。

さてメインとなったのは三年間の空白を埋める旅でしたが、まあ正直見ていて主題がよく分からなくなった瞬間が何度もありました、しかし深津絵里と浅野忠信の演技にはグッと惹き込まれましたね。
やはり様々な想いに決着を付けてから旅立ちたい、人間とはそう言う生き物なんだろうなと改めて思わされましたよ。
そこを普通には描かないところが黒沢清流?、私はやっぱり苦手だなぁ。

まあ綺麗ごとだけじゃなく、ちょっと醜い愛想劇も織り交ぜた辺りなんかは、何気に作品のいいスパイスとなっていましたね。
深津絵里VS蒼井優の女のバトル、短いながらも見応えたっぷりでした、蒼井優の余裕感、あれは半端じゃなかったなぁ・・・。
評価3.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック