【映画】ルパン三世(実写版)

a1.jpg

【解説・あらすじ】モンキー・パンチ原作の名作「ルパン三世」を小栗旬主演で実写映画化。所有する者は世界を統べると言われる秘宝「クリムゾンハート・オブ・クレオパトラ」を盗み出すため、鉄壁のセキュリティを誇る要塞「ナヴァロンの箱舟」に挑むルパンと仲間たちの姿を描く。小栗がルパン三世に扮し、次元大介を玉山鉄二、石川五エ門を綾野剛、峰不二子を黒木メイサ、銭形警部を浅野忠信がそれぞれ演じ、日本、タイ、香港、シンガポール、フィリピンの5カ国でロケを敢行。それぞれのキャラクターの出会いから、強大な敵に立ち向かうことでおなじみのチームがいかにして結成されたかを描き出す。「あずみ」「ゴジラ FINAL WARS」を手がけ、近年は「ミッドナイト・ミート・トレイン」「NO ONE LIVES ノー・ワン・リヴズ」などアメリカでも映画を製作してきた北村龍平監督がメガホンをとった。「ルパン三世」の実写化は、1974年の「ルパン三世 念力珍作戦」以来40年ぶり。(映画.comより)

製作年:2014年
製作国:日本
監督:北村龍平
原作:モンキー・パンチ
脚本:水島力也
企画:池田宏之、濱名一哉
企画協力:加藤州平
プロデューサー:山本又一朗
共同プロデューサー:佐谷秀美、岡田有正、片山宣
ラインプロデューサー:橋本淳司
協力プロデューサー:楠本直樹
アシスタントプロデューサー:グリーン健司クリス
音楽:アルド・シュラク
メインテーマ:布袋寅泰
主なキャスト:小栗旬、玉山鉄二、綾野剛、黒木メイサ、浅野忠信、ジェリー・イェン、ビタヤ・パンスリンガム、ラター・ポーガーム、タナーヨング・ウォンタクーン、キム・ジュン、ニルット・シリジャンヤー、ニック・テイト、ジャエンプロム・オンラマイ、ジェフリー・ジュリアーノ、デイビット・アサバノンド、山口祥行、中山由香、葉山豪、吉野和剛、山田優
a2.jpg
a3.jpg

【感想】
特別TVアニメ版のファンって訳でもなく、そう言えば昔見てたな~ぐらいの思い入れだったので、まあ世間の酷評よりは案外見れた方かなと・・・。
でも、確かにTVシリーズのファンから全く受け入れられていないのも概ね納得、一応ルパンのコスプレはしてましたが、これはルパンと言うよりはどちらかと言えばアジアのアクション映画って感じでしたもんね。
ルパンと思わなければ意外と楽しめる内容だけど、姿だけはルパンなのでそう言う訳にも行かず・・・やはり微妙と言わざるを得ないのかも。

ただ、個人的に小栗ルパンはモミアゲが無い以外は結構な嵌り役だったと思いましたよ。
他に誰が適役と言われても想像が付かないぐらい、しっかりルパン化していたのではないかなと。
後は作り手の問題であって、彼自身は評価に値するに演技だったと思いました。

他は微妙かなぁ、次元にしても、五ェ門にしても、とっつぁんにしても、正直何か堅かったような・・・。
極め付けは不二子ちゃんか、まあこれは誰が演じても厳しい評価になってしまうのでしょうが、黒木メイサの魅力って不二子ちゃんとは真逆の色気だったりするような気がして、これは完全にミスキャスト、まあルパンではなく普通のアクション映画のヒロインとしては結構魅力的だったんですけどねぇ。

とりあえずアジアを股に掛けるグローバルなストーリー展開は、そこそこの見応え、でもやっぱりアクション映画になってしまったのは、どこかルパンとは別物な感じで、違和感は拭えませんでしたね。
もっとユルく楽しみたい作品なのですが、まあアクション映画としてはユルい方ですけど、やっぱりルパンとしては堅いようなで。
しかしこう中途半端に失敗まではいかないぐらいの出来栄えだと、逆に記憶には全く残らない作品と化しそうな・・・。
評価2.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック