【映画】探検隊の栄光

a1.jpg

【解説・あらすじ】藤原竜也が主演を務め、「ちょんまげぷりん」で知られる荒木源の同名小説を映画化。落ち目の俳優・杉崎は、新境地を開拓するため、「ヤーガ」と呼ばれる未確認生物(UMA)を求めて秘境を探検するテレビ番組で隊長を務めることになる。しかし、番組が面白ければ何でもありというプロデューサーを筆頭に、進行が大ざっぱなディレクター、バラエティ番組をバカにしているAD、適当な現地通訳ら、バラバラなチームワークの番組制作スタッフに振り回され、探検は行き当たりばったり。そんな現場で杉崎には隊長としての自覚が芽生えていき、徐々に番組作りに真剣になっていくが……。探検隊メンバーとなる番組スタッフ役には、ユースケ・サンタマリア、小澤征悦、田中要次、川村陽介、佐野ひなこ、岡安章介と個性的な役者がそろっている。(映画.comより)

製作年:2015年
製作国:日本
監督:山本透
原作:荒木源
脚本:徳尾浩司、金沢達也、山本透
企画:蔵本憲昭、高橋敦司
エグゼクティブプロデューサー:井口高志、古澤佳寛
プロデューサー:東幸司、鈴木聡、宇田川寧
共同プロデューサー:花田聖
制作プロデューサー:本島章雄
音楽:兼松衆
主題歌:ウルフルズ
主なキャスト:藤原竜也、ユースケ・サンタマリア、小澤征悦、田中要次、川村陽介、佐野ひなこ、岡安章介
a2.jpg
a3.jpg

【感想】
終始くだらないなとは思いつつも、何だかんだで見入ってしまった映画でした。
まあ昔よくあった探検隊物のある種ネタ晴らし的な映画ではありましたが、こんなヤラセ感満載なテレビ番組も、昔は結構楽しんで見ていたんですよね・・・。
とは言ってもこの手の探検隊物が流行った当時は子供の頃過ぎて今となってはほとんど記憶には残っていないのですが、確かこんなだったよなと思わされるような、妙に懐かしいテイストがジワジワとツボに嵌り、くだらないんだけど結構楽しんで見れちゃいました。

やはり何でしょう、ああ言う探検隊物って、ヤラセでもない限りそうそうハプニングは起きないでしょうから、まともに作ったら全然面白くはないんでしょうね。
見る側もある程度分かっていつつ楽しんでいたあの時代、懐かしいです、今じゃ確実ネットで叩かれて即打ち切りの時代ですもんね。

バカバカしいヤラセ演出を真剣に取り組むその姿、本当に滑稽なんだけど、何故か熱くさせられました。
バカバカしいものをバカバカしいと思って作ったら絶対つまらない、でも情熱を持ってバカになれたら、見る者にも必ず伝わってくるものはあるんだろうなと、しみじみ思わされましたよ。

また隊長を演じた藤原竜也の、熱い男のイメージが拭えない俳優と言う設定が思いっきりツボ!
これ以上無い嵌り役過ぎて、見てる方も熱くなった(笑)
適当プロデューサーのユースケも相当嵌っていたなぁ。
喋らないカメラマン田中要次とか、インチキガイドの岡安とか、脇役も結構良かったです。
照明の人(川村陽介)のスベリ具合はいただけなかったけど・・・。
あと紅一点の佐野ひなこも、パンツ以外は存在感が薄かったのはちょっと残念。
まあでも、B級臭たっぷりなユルい探検隊物パロディ作品、思いのほか楽しめました。
評価3.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

映画『探検隊の栄光』感想
Excerpt: クッソ解りやすい最高の駄作。 でも隠れた名作扱いは絶対に間違い。 元ネタを知っているかで評価は変わるし、原作も然り。 そして予告を見たかどうかでも、また変わる。 私は本編観賞後..
Weblog: えらそーかんそー
Tracked: 2016-04-05 09:28