【映画】ふしぎな岬の物語

a1.jpg

【解説・あらすじ】女優の吉永小百合が初めて自ら企画から立ち上げた主演作で、「八日目の蝉」の成島出監督とともに森沢明夫の小説「虹の岬の喫茶店」を映画化したヒューマンドラマ。原作でもモチーフとなっている喫茶店が実在する千葉県明鐘岬を中心にロケーション撮影を行い、岬の喫茶店を経営する女主人と、そこに集う人々の悲喜こもごもを描いた。海の向こうに富士山をのぞむのどかな岬で、喫茶店「岬カフェ」を経営する柏木悦子。お店には、彼女がいれる一杯のコーヒーを求めて里の住人たちが集まり、のどかな日常が続いていた。そんなある日、常連客・徳三郎の娘で、結婚して東京へ出ていたみどりが数年ぶりに帰郷してくる。さらに、悦子と甥の浩司を長年見守り続けてきた不動産屋のタニさんが大阪へ転勤しなければならなくなり、穏やかだった里の暮らしにも変化の風が吹き始める。(映画.comより)

製作年:2014年
製作国:日本
監督:成島出
原作:森沢明夫
脚本:加藤正人、安倍照雄
企画:吉永小百合、成島出
製作:石原俊爾、石井直、岡田裕介
エグゼクティブプロデューサー:岩原貞雄、高田佳夫、千代勝美、遠藤真郷、吉村和文
プロデューサー:冨永理生子、川田亮、岡田有正、古川一博
キャスティングプロデューサー:福岡康裕
ラインプロデューサー:石川貴博
音楽:安川午朗
メインテーマ:村治佳織
主なキャスト:吉永小百合、阿部寛、竹内結子、笑福亭鶴瓶、笹野高史、小池栄子、春風亭昇太、井浦新、吉幾三、杉田二郎、堀内孝雄、ばんばひろふみ、高山厳、因幡晃、片岡亀蔵、中原丈雄、石橋蓮司、米倉斉加年、上月左知子、近藤公園、矢野聖人、矢柴俊博、不破万作、モロ師岡、嶋田久作、眞島秀和、采沢真実
a2.jpg
a3.jpg

【感想】
さすが吉永小百合主演映画だけあって、現実感は皆無、ってまあ吉永小百合と言う女優さんそのものが現実感のないある意味モンスター的(良い意味でですよ)存在ですから、それは当然作品に現実感が生まれる訳もないのですが。
一応ジャンルとしては人情系ヒューマンドラマになるのかな?
でも、まあほとんどファンタジーの世界でしたよね、吉永小百合の不思議ワールドとでも言いましょうか。

正直ありえなさ過ぎてドン引きしたシーンは多々ありました。
今時こんな映画を作ってしまうのはどうなんだろうかとも思いましたし。
しかしそれでも何だかんだで心温まり、癒されてしまうのが吉永小百合ワールドなんですよね。
皆カフェの女店主を好きになってしまうのも納得の存在感、たとえ泥棒でもね・・・(さすがにあれは)

ただ泣かせどころは割りと安易な演出なんで、その辺で好みは相当分かれそうな。
まあ私は竹内結子の絶品演技やベタな吉永小百合ワールドにそこそこ嵌まってしまった側ですけど、こんなの見てられないと言う人がいてもそれはそれで納得かも。
私はサユリストではないですが、結局良くも悪くもサユリスト向け映画、でも需要があるならそれはそれでOKなんじゃないでしょうかね。

ちょっと作品にブツ切り感があったのは気になりましたけど。
あと阿部寛と吉永小百合の関係性に終始?な部分も感じましたかね・・・。
まあ成島監督作と考えれば微妙も、吉永小百合映画としてはOKってところでしょうか。
今回は今までとは違い、ちょっと物哀しいと言うか、年相応に心の闇を抱えた女性を演じた新味みたいなものは感じれましたので、あくまで吉永小百合が企画・製作に携わった映画として見るのが吉でしょう。
評価3.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック