【映画】図書館戦争 THE LAST MISSION

a1.jpg

【解説・あらすじ】ベストセラー作家・有川浩の人気小説を岡田准一主演で実写映画化した「図書館戦争」の続編。国家による思想検閲やメディア規制が横行する近未来の日本を舞台に、本を読む自由を守るため結成された図書隊の隊員たちの活躍を描く。ある日、図書隊・特殊部隊(タスクフォース)の堂上篤らに、この世に1冊しか存在しない「図書館法規要覧」の一般展示が行われる芸術の祭典の会場を警備せよとの指令が下される。ごく簡単な任務に思われたが、その指令の裏には、図書隊の解散を目論む手塚光の兄・慧が仕掛けた罠が潜んでいた。主演の岡田やヒロインの榮倉奈々ほか、前作の主要キャスト、スタッフが続投。悪役となる手塚慧を松坂桃李が演じ、中村蒼、土屋太鳳らが新キャストとして加わった。(映画.comより)

製作年:2015年
製作国:日本
監督:佐藤信介
原作:有川浩
脚本:野木亜紀子
エグゼクティブプロデューサー:平野隆
プロデューサー:辻本珠子
共同プロデューサー:田口生己、吉田浩二、厨子健介
テクニカルプロデューサー:大屋哲男
アソシエイトプロデューサー:大脇拓郎、渡辺信也、辻有一
企画協力:那須田淳
音楽:高見優
主なキャスト:岡田准一、榮倉奈々、田中圭、福士蒼汰、西田尚美、橋本じゅん、土屋太鳳、松坂桃李、栗山千明、中村蒼、相島一之、児玉清、石坂浩二、テイ龍進、波岡一喜、阿部丈二、二階堂智、螢雪次朗、手塚とおる、デビット伊東、岡野真也、鈴木達央
a2.jpg
a3.jpg

【感想】
SPドラマ版に多くの恋愛パートを持ってきた為か、映画版の続編は戦闘・アクションシーンの割合がかなり多めになってましたね。
正直水戸図書館での戦闘シーンは、長過ぎて少々ダレましたが・・・配分をもう少し考えてほしかったかなぁ。
ただ戦争ごっこ的印象が否めなかった前作に比べれば、迫力・臨場感は大幅アップ!
肉弾戦も相変わらずの岡田准一のキレッキレのアクション炸裂プラス榮倉奈々も今回は見せ場たっぷりでしたので、アクション映画としてはかなりの見応えを感じましたね。

でも、この映画に期待するところは、アクションよりもアレに期待する方が大半でしょ?
そう言う意味ではやや物足りなさを感じた部分も。
まあ堂上と笠原は相変わらずのもどかしさを見せて、見る者をヤキモキさせましたが、もっと見たかったですよね。
しかし「デカい」ネタは最高にツボ、最後の無骨な感じもたまらなくいいですねぇ、ラストと言わず、もっともっと2人を見ていたい。

ちょっと可愛そうだったのは、SPドラマ版で見せ場たっぷりだった小牧隊員の田中圭&土屋太鳳カップルが、今回は顔見せのみだったことでしょうか・・・。
それと手塚と柴崎の絡みももっと見たかったなぁ。
まあ今回は手塚兄こと松坂桃李VS図書隊がメインでしたので、仕方ないところではありますが、また映画でもスピンオフドラマでも何でもいいんで何かしら続きが見たいです。

しかし松坂桃李は意外と悪役が嵌りますね。
まあ正直前半の笠原を罠に嵌める作戦自体は微妙だった気もしましたが、松坂桃李の悪役としての雰囲気作りは最高でした。
手塚兄の考えも、少し分かるようなところがあったりで、話の重厚さでは完全に前作以上でしたね。
作風としては個人的には前作の方が好きでしたけど。
評価4.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック