【映画】バクマン。

a1.jpg

【解説・あらすじ】「デスノート」の原作者・大場つぐみ&小畑健による大人気コミックを、「モテキ」の大根仁監督のメガホンで実写映画化。高い画力に恵まれながらも夢を持たず普通の生活を送ってきた高校生の真城最高は、同じクラスの秀才・高木秋人から一緒に漫画家になろうと誘われる。プロの漫画家だった叔父を過労で亡くした過去を持つ最高は漫画を描くことを拒否するが、思いを寄せる声優志望のクラスメイト・亜豆美保と交わした約束をきっかけに漫画家を目指すことに。週刊少年ジャンプでの連載を目標に漫画づくりに励む最高と秋人は、敏腕編集者・服部に才能を認められ漫画家としての第一歩を踏み出す。しかし、そんな2人の前に同年代の天才漫画家・新妻エイジが現われる。最高役を佐藤健、秋人役を神木隆之介、亜豆役を「渇き。」の小松菜奈が演じ、共演には山田孝之、リリー・フランキー、宮藤官九郎ら個性派キャストが集結した。(映画.comより)

製作年:2015年
製作国:日本
監督、脚本:大根仁
原作:大場つぐみ、小畑健
企画・プロデュース:川村元気
製作:市川南
エグゼクティブプロデューサー:山内章弘
ラインプロデューサー:田口生己、小泉朋
アソシエイトプロデューサー:馬場千晃
音楽・主題歌:サカナクション
主なキャスト:佐藤健、神木隆之介、小松菜奈、桐谷健太、新井浩文、皆川猿時、宮藤官九郎、山田孝之、リリー・フランキー、染谷将太、よーかいくん、今井隆文、岩井秀人、田中洸希、五頭岳夫、小野敦子、高咲里音、塚田帆南、稲村優奈、高橋綾沙、重廣レイカ、仲川子夢、山田優美、榎本三奈、岡部たかし、土佐和成、矢柴俊博、中川晴樹、勝矢、岩瀬亮、中村無何有、神農直隆、ノゾエ征爾、本多力、三浦俊輔
a2.jpg
a3.jpg

【感想】
原作はよく知らずに見たのですが、恋や友情やライバルとの戦いを描いた青春映画としても、漫画家の悲喜こもごもを描いた漫画家ハウツー的な映画としても、基本的には楽しめました。
まあ原作ファンならいろいろと原作との違いが気になるのでしょうが、何も知らない私としては、漫画家の過酷で厳しい現実に恐れ戦きつつも、それでも夢を追いかける者達の熱い漫画家魂に、十分感情移入させられた作品でしたよ。

しかし漫画家って本当に過酷な職業なんですねぇ。
まあ選ばれた者だけがなれる人気商売はどの職業もそうなんでしょうけど、漫画家になるまでも過酷、そこで続けるのも過酷、何の保証もないのに薄給で人気が落ちれば即ポイ捨てされる過酷な職業、それでも夢を追って漫画家なりたい人が後を立たない、いやはや凄い職業です。
これ見ちゃうと、漫画を読む時の心構えも何か変わってきちゃいそうですね。(とは言いつつも大人になってからはほとんど漫画は読まなくなってしまいましたが)

多少気になったところでは、まあ2時間にまとめるには仕方ないところではあるのでしょうが、秋人に関するエピソードが皆無に等しかったので、コンビ物ではありながらも最高=佐藤健の映画になってしまったのが若干気にはなりました。
神木ではなく佐藤健が童貞キャラと言うのもちょっと違和感あったかも(そこは監督さんの狙いなんでしたっけ?)

でも「友情・努力・勝利」なまさしくジャンプの理念を描いたような内容は、クサイけどとても良かったです!
これもライバル役の染谷将太の怪演と、クドカンの哀愁があってこそでしょうか。
ヒロインの小松菜奈の漫画的雰囲気も良かったですねぇ。
子供の頃に熱狂したジャンプ、久々に買ってみようかな(それが策略なんでしょうが(笑))
評価3.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック