【映画】脳男

a1.jpg

【解説・あらすじ】生田斗真主演で、第46回江戸川乱歩賞を受賞した首藤瓜於の同名小説を映画化。並はずれた身体能力を誇りながら、生まれつき感情を持たない殺人鬼「脳男」の姿を描くアクションサスペンス。都内近郊で無差別連続爆破事件が発生し、犯行には舌を切り取られた女性の全身に爆弾を巻きつけた「人間爆弾」が使われていた。正義感の強い刑事の茶屋は犯人・緑川のアジトを突き止めるが、確保できたのは身元不明の男・鈴木一郎のみ。共犯とみなされた一郎は、その犯行手口の異常さから精神鑑定を受けることになり、担当の脳神経外科医・鷲谷は、一切の感情を表に出さない一郎に興味を抱く。やがて一郎は本庁に移送されることになるが、その途中で緑川が護送車を襲撃。緑川と一郎は逃走してしまう。共演は松雪泰子、江口洋介、二階堂ふみ、太田莉菜ら。「イキガミ」「犯人に告ぐ」の瀧本智行監督がメガホンをとり、「八日目の蝉」の成島出も脚本に参加。(映画.comより)

製作年:2013年
製作国:日本
監督:瀧本智行
原作:首藤瓜於
脚本:真辺克彦、成島出
製作指揮:城朋子
製作:藤本鈴子、由里敬三、藤島ジュリーK.、市川南、藤門浩之、伊藤和明、入江祥雄、松田陽三、宮本直人
エグゼクティブプロデューサー:奥田誠治
企画プロデュース:石田雄治、藤村直人
プロデューサー:椋樹弘尚、有重陽一
音楽:今堀恒雄、ガブリエル・ロベルト
主題歌:キング・クリムゾン
主なキャスト:生田斗真、松雪泰子、江口洋介、二階堂ふみ、太田莉菜、大和田健介、染谷将太、光石研、甲本雅裕、小澤征悦、石橋蓮司、夏八木勲、大山うさぎ、山崎ハコ、緒方明、池谷のぶえ、勝矢、永倉大輔、川口真五、岡雅史、出口哲也、後藤建
a2.jpg
a3.jpg

【感想】
ダークヒーロー物?としてはまずまずの見応えでした。
正義って一体何なのか、思わず考えさせられてしまいましたよ。
感情が絡めば正義の定義も曖昧になるが、もし無感情であれば・・・。
それにしても重苦しさが半端じゃなかったので、見終わってドッと疲れが押し寄せましたね。

しかし脳男を演じた生田斗真の役作りはお見事の一言。
無感情とは、まさしくこんな人のことを指すんだろうね。
悲しき過去にも、思わず感情移入させられました。
肉体美も半端じゃなく、ほぼターミネーター、でもちょっと不死身過ぎだった気はしないでもないかも。

一方、二階堂ふみのイカレサイコ具合や染谷将太の怪しげなキャラも、さすが雰囲気出てましたね。
若手俳優陣の役作りの素晴らしさが、この作品のクオリティを一つ上のレベルに高めたと言えるのではないでしょうか。

ただ惜しいのは、爆破シーンや凄惨なシーンが過剰演出過ぎてリアリティに欠け、そこは少々冷めると言うか、せっかくの役者陣の演技が台無しになってしまったのはちょっと勿体無かったかなと。
松雪泰子医師の正義へのアプローチ、江口洋介刑事の正義へのアプローチ、謎めいた脳男の存在、そして爆弾魔や変態の存在と、ピースは完璧に揃っていたと思うのですが、個人的には味付けがあまり好みではなかったです・・・。
まあでも虚無感で一杯になるような、ラストの演出なんかは結構好きでしたけどね。
評価3.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック