【映画】ファンタスティック・フォー 銀河の危機

a1.jpg

【解説・あらすじ】超能力を駆使する4人のヒーローチーム“ファンタスティック・フォー”の活躍を描き、全米で初登場ナンバーワンを記録した人気シリーズ第2作。ファンタスティック・フォーのメンバー、リードとスーの結婚の話題でもちきりのアメリカに、ある日、宇宙から謎の存在シルバーサーファーが襲来。過去にシルバーサーファーが現れた惑星は必ず8日以内に滅びていることを知った4人は、早速シルバーサーファーを追うのだが……。(映画.comより)

製作年:2007年
製作国:アメリカ
監督:ティム・ストーリー
原案:ジョン・ターマン、マーク・フロスト
脚本:ドン・ペイン、マーク・フロスト
キャラクター創造:スタン・リー、ジャック・カービー
製作:アビ・アラッド、ベルント・アイヒンガー、ラルフ・ウィンター
製作総指揮:クリス・コロンバス、マイケル・バーナサン、ケビン・ファイギ、スタン・リー、マーク・ラドクリフ
音楽:ジョン・オットマン
主なキャスト:ヨアン・グリフィズ、ジェシカ・アルバ、クリス・エバンス、マイケル・チクリス、ジュリアン・マクマホン、ケリー・ワシントン、アンドレ・ブラウアー、ボー・ガレット、スタン・リー、ダグ・ジョーンズ、ローレンス・フィッシュバーン(声)、ザック・グルニエ、ケネス・ウェルシュ
a2.jpg
a3.jpg

【感想】
前作からほとんど進化も退化もない、珍しいタイプの続編でしたね。
初見時に見た1はそこそこ印象に残っていたのですが、2の印象がほとんどなかったのは今回見てみて妙に納得、ほとんど1と変わりないから記憶が同化していたみたいでした。
まあでも、他のアメコミ物にはないこのユルさは嫌いではないので、何だかんだで結構楽しんでは見れましたけど。

前回と違うところと言えば、新キャラのシルバーサーファーが出てきたぐらいでしょうか。
まあ小粒感は否めないDr.ドゥームよりは存在感ありましたが、正直ビジュアル面はかなり微妙だったような(苦笑)
アメリカでは人気キャラだそうですが・・・。
ただ地球侵略(滅亡)を企てるその理由は、かなり興味を引かれると言うか感情移入させられた部分はありましたけどね。

しかしその部分をもっと掘り下げてくれれば話にもう一盛り上がりあったのに、相変わらず4人のオチャラケシーンに時間を多く割いてしまったので、全体的には思いのほか盛り上がりに欠けてしまいちょっと残念。
地球滅亡感が、いくらなんでも無さすぎでしょ!

でもこの軽さ、やっぱり嫌いじゃないんだよなぁ。
前作同様子供じみた4人の小競り合い、そしてまたもや大人が考えたとは思えないスーとリードの結婚式騒動、毎度おなじみジェシカ・アルバの素っ裸ネタ、この辺を割愛すればもっとアクション的見せ場も作れるのに、そうしないところがある意味潔いんですよね。
とは言え、早くもリブートされたのは大いに納得の内容でした(笑)
評価3.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック