【映画】天空の蜂

a1.jpg

【解説・あらすじ】ベストセラー作家の東野圭吾が1995年に発表した同名小説を、「SPEC」「20世紀少年」など話題作を多数手がける堤幸彦監督が映画化したサスペンス大作。主演の江口洋介と本木雅弘が初共演し、史上最悪の原発テロ事件解決に向けて奔走する人々の8時間のドラマを描いた。95年8月8日、自衛隊用の最新大型ヘリコプター「ビッグB」が何者かにより遠隔操作されて動き出し、福井県にある原子力発電所「新陽」の真上に静止する。犯人は「天空の蜂」と名乗り、国内すべての原発を廃棄するよう要求。従わなければ爆発物が搭載された「ビックB」を原発に墜落させると宣言する。「ビッグB」を開発した設計士の湯原と、原発の設計士・三島は、事件解決のために力を尽くすが……。(映画.comより)

製作年:2015年
製作国:日本
監督:堤幸彦
原作:東野圭吾
脚本:楠野一郎
製作:大角正、木下直哉、古川公平、坂本健、宮本直人
製作総指揮:迫本淳一
企画・プロデュース:吉田繁暁
エグゼクティブプロデューサー:武田功
プロデューサー:福島大輔、市山竜次
ラインプロデューサー:小林誠一郎
アソシエイトプロデューサー:石田聡子、池田史嗣、住田節子
音楽:リチャード・プリン
主題歌:秦基博
主なキャスト:江口洋介、本木雅弘、仲間由紀恵、綾野剛、柄本明、國村隼、石橋蓮司、竹中直人、向井理、佐藤二朗、光石研、落合モトキ、やべきょうすけ、手塚とおる、永瀬匡、石橋けい、松島花、カゴシマジロー、前川泰之、松田悟志、森岡豊、田口翔大、木村聖哉、山口いづみ、半海一晃、藤井尚之、林田麻里、岡田浩暉、野添義弘、小倉淳、吉永秀平、池澤巧貢、小山田将、下園愛弓、六本木康弘、菅原健志、多田木亮佑、伊藤みづめ、大須賀隼人、大和田健介、稲垣雅之、竹森千人、山田百貴、竹中友紀子、広山詞葉、佐藤真子、藤田秀世、内村遥、小野孝弘、森谷ふみ、福井晋、安田裕、渡辺慎一郎、外川燎、竹野谷岳、岩尾万太郎、瀬戸将也、鈴木早百合、横地純爾、長田新、佐藤千晶、北川義隆、波多野健、藤田真奈美
a2.jpg
a3.jpg

【感想】
エンタメ性重視の過剰演出が目立ったり、何かとキャラ設定にも問題があったりで、いかにも映画通からダメ出しされそうな雰囲気満載な映画ではありましたが、私はそれらを割り引いても基本面白かったですし、何かと考えさせられた映画でもありましたね。
まあ東日本大震災の福島原発事故を経験する前だったらどこまで感情移入できていたか分かりませんし、ただ過剰演出を突っ込んでいただけだったかもしれませんが、あれを経験した今となってはやはり真剣に見入ってしまいます。

しかしこれが95年に書かれた原作と言うのがまた凄いですね。
まるで今の日本を暗示したような内容でした。
震災を経験した今となっては、リアルな恐怖として感じ取れますね。
絶対大丈夫はもはや通用しない世の中と化した今だからこそ、映像化する価値は大いにあったと言えましょう。

これを様々な思惑が錯綜する堅苦しい社会派サスペンスとして描いていたら、果たしてどこまでの人が見たか微妙なところかと思いますが、そこをとても見易い堤流エンタメ作品として描くことによって、映画通には批判されようともたくさんの人に見てもらい、再稼動の方向へ進む原発について再度考える機会を作ってもらった気がして、とても有意義な映画に思えました。

単純にパニック映画としてもまずまずの見応え、突っ込みどころは満載でしたけど、前半の子供救出作戦も後半の原発爆発回避作戦もスリル満点で、基本ハラハラドキドキ楽しませてもらいました。
ある程度犯人や共犯者が分かりつつも、これだけドキドキさせる演出はお見事の一言でしょう!
まあ政治的踏み込みはかなり甘めも、何かと考えさせられた映画でしたよ。
評価4.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック