【映画】我が家のおバカで愛しいアニキ

a1.jpg

【解説・あらすじ】「40歳の童貞男」「ウォールフラワー」のポール・ラッド扮するおバカでお人好しな男性と、彼に翻弄される3人の妹たちの交流を描いたハートフルコメディ。天然でバカ正直な男性ネッドは、警察官に大麻を譲って逮捕されてしまう。出所後、恋人にフラれて家も追いだされたネッドは、3人の妹たちのもとへ身を寄せることに。正直すぎる言動でトラブルの絶えないネッドを嫌がる妹たちだったが、その真っすぐで裏表のない生き方に触れるうちに心を動かされていく。共演には「(500)日のサマー」のズーイー・デシャネル、「ハンガー・ゲーム」のエリザベス・バンクスら注目のキャストがそろう。(映画.comより)

製作年:2011年
製作国:アメリカ
監督:ジェシー・ぺレッツ
主なキャスト:ポール・ラッド、エリザベス・バンクス、ズーイー・デシャネル、エミリー・モーティマー、スティーブ・クーガン、ヒュー・ダンシー、キャスリン・ハーン、ラシダ・ジョーンズ、シャーリー・ナイト、T・J・ミラー、アダム・スコット
a2.jpg
a3.jpg

【感想】
邦題だけみれば物凄くハズレ臭の漂うタイトルでしたが、見てみたら意外と面白かったです。
キャストも日本では劇場未公開ながらなかなかの面々、メインの4兄妹以外の脇役陣もどこかで見たことのある面子が揃っていて、なかなかお得感のある一品だったと思いました。
まあ爆笑するほどの笑いではなかったですが、ゆる笑系のコメディとしては、見終わった後の後味も良かったですし、見て損の無い出来だったのではないでしょうか。

しかしポール・ラッドが演じた主人公ネッドのバカ正直さは、見ているこっちもイライラするぐらいのバカ正直さで、こんなのが家族にいたら、間違いなく困りますね。
根っからのいい人で、悪気はこれっぽっちもないからこそ、余計にイライラする!
正直ってある意味罪なことだったりもするんですね。

もう冒頭からバカ正直全快、3人の妹宅でもまあ全て正直に口から本当のことが出てくるものだから、悪気はないのにトラブルが絶えなくて、笑うを通り越してあきれるぐらい。
でも大体どうなるかオチが読める、志村けん的な笑いに、妙な安心感はありましたね。
エミリー・モーティマー、エリザベス・バンクス、ズーイー・デシャネル、この美人3姉妹がドエライ目に合う姿は、なかなか見応えがありました。

しかしどんなに迷惑をかけられても、家族は家族、ネッドの人を疑わないピュアな心に触れてしまえば、結果は自ずと見えて来ると言うもので、まあ後味の良い結末もあって、意外と満足度は高い作品でした。
評価3.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/434603828

この記事へのトラックバック