【映画】男子高校生の日常

a1.jpg

【解説・あらすじ】今時の男子高校生たちの実態を描き、テレビアニメ化もされて人気を博した脱力系ギャグ漫画を実写映画化。男子校に通い、部活も勉強も頑張らず、日々をだらだらとなんとなく過ごしている非モテ高校生タダクニ、ヨシタケ、ヒデノリの仲良し3人組。しかし、そんなある時、隣の女子校と共同で文化祭が開催されることになり……。「王様とボク」「共喰い」の菅田将暉が主人公タダクニを演じるほか、NHK朝ドラ「梅ちゃん先生」の野村周平がヨシタケ、「仮面ライダーフォーゼ」の吉沢亮がヒデノリに扮する。「アフロ田中」の松居大悟監督がメガホンをとった。(映画.comより)

製作年:2013年
製作国:日本
監督:松居大悟
原作:山内泰延
脚本:小峯裕之、松居大悟
製作:百武弘二、水口昌彦、浅田秀之、宮路敬久、鈴木竜馬 、福嶋更一郎、佐竹一美
企画プロデュース:松本整、宇田川寧
プロデューサー:大畑利久、若林雄介
ラインプロデューサー:大熊俊之
共同プロデューサー:小林智浩
音楽:森優太、マイコンスタジオ
主題歌:チームしゃちほこ
主なキャスト:菅田将暉、野村周平、吉沢亮、岡本杏理、山本美月、太賀、角田晃広、東迎昴史郎、栗原類、上間美緒、三浦透子、山谷花純、白鳥久美子、高月彩良、小池唯、奥野瑛太、志村玲那、佐藤二朗、チームしゃちほこ
a2.jpg
a3.jpg

【感想】
どちらかと言うとこの手の青春映画は好きな方なのですが、この映画はいまいち嵌らなかったです・・・。
男子校と女子校が合同で文化祭を開くことになったことから起こるドタバタ劇でしたので、作り方次第ではもっと面白くなった気もするのですが、ただドタバタしていただけでこれぞ青春と感じられるシーンはほとんどなく、盛り上がりに欠けた印象ですね。

思春期の男子校生が、普段ほぼ交流することはないであろう女子校生を拝める高揚感みたいなのは十分伝わってきたのですが、あまりにもデフォルメしすぎだったので、見ていて正直しらけました。
それに対する女子側も男子に対してクールすぎて、何も盛り上がらず・・・。

どうやったら彼女って出来るものなのか、本当に謎と言う部分は思わずうなずいてしまいましたが、主人公3人が菅田将暉、野村周平、吉沢亮とイケメン揃いだったので、説得力は感じられず。
非モテ系の話ですから、もう少しそこは考えて・・・。
まあ彼ら3人が家でグダグダしつつ、妹に怒られるの図は結構ツボでしたけどね。
ちなみに東京03の角田が同級生役って、無理がありすぎ(笑)

一方の女子は、ヒロインの子よりも山本美月が圧倒的な存在感。
しかし女子は色恋沙汰よりも、友情関係が難しそうですね。
女子は思春期でもうこんなに冷めているものなのか?
結局ラストも盛り上がらず、キャストが良かっただけに、何か勿体無い作品でしたね。
評価2.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック