【映画】アイ・アム・ニューマン 新しい人生の見つけ方

a1.jpg

【解説・あらすじ】「英国王のスピーチ」のコリン・ファースと「プラダを着た悪魔」のエミリー・ブラント主演、過去を捨てた男女の奇妙な2人旅を描いたロードムービー。失敗だらけの人生に嫌気が差した中年男性ウォレスは、偽造IDで別人に生まれ変わることを決意する。水死を装って今までの自分と決別したウォレスは、アーサー・ニューマンという名前で新たな人生を送りはじめる。そんな矢先、ひょんなことからマイクという変わり者の女性と知りあったウォレスは、成りゆきでマイクと一緒に旅することになる。共演に「6デイズ/7ナイツ」のアン・ヘッシュ。「セブン・イヤーズ・イン・チベット」の脚本家ベッキー・ジョンストンが脚本と製作を手がけた。(映画.comより)

製作年:2012年
製作国:アメリカ
監督:ダンテ・アリオラ
主なキャスト:コリン・ファース、エミリー・ブラント、アン・へッシュ、ルーカス・ヘッジス、M・エメット・ウォルシュ、クリスティン・リーマン、スティーブ・コールター、デボン・ウッズ、スターリング・ボーマン
a2.jpg
a3.jpg

【感想】
もう少しコメディタッチな作品かと思ったのですが、予想以上に暗く地味な作品でした。
それでいて深みも薄いと言うか、グッと来る部分も少ないので、ただただ地味で辛気臭いだけになってしまった感じですね。
しばらくしたら、すぐ内容を忘れてしまうこと間違いなし・・・。

コリン・ファースにエミリー・ブラントの組み合わせはとても魅力的だったのですが、この内容は本当に勿体無い。
ただ、2人はさすがの存在感を見せてくれましたけどね。
話的には見せ方の問題であまりグッとは来ませんでしたが、2人の演技には心動かされた部分が多分にありました。

しかし今までの人生を捨てて、偽造IDで新しい人生を歩もうとするには、何に嫌気が差したのか、いまいち説得力がなかったような。
そこの描き方次第では、ウォレスにもマイクにももう少し感情移入が出来たと思うのですが、これではちょっと中途半端すぎるでしょ。
新しい人生の見つけ方と言うよりは、現実逃避物語って感じでしたね。

ロードムービー的なシーンの部分も、他人の家に勝手に入ってはセ○クスするばかりで、ちょっと意味不明。
体で寂しさを埋め合ったにしても、そのシーン多すぎです(苦笑)
どちらかと言えば、ウォレスが失踪したことで残された恋人と息子の行動の方が、見応えあったかも。
ある程度着地点も想像できていたので、ラストも感動とまではいかず、日本では劇場未公開だったのも概ね納得です。
評価2.0(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック