【映画】夫婦フーフー日記

a1.jpg

【解説・あらすじ】佐々木蔵之介、永作博美主演により、実話ブログから生まれた同名原作を映画化。出会って17年目にしてようやく結婚したコウタ(ダンナ)とユーコ(ヨメ)。入籍直後に妊娠が発覚し、幸せの絶頂のさなか、ヨメの直腸に悪性腫瘍が見つかる。夫婦の一大事を、自分のブログで報告するダンナ。やがてそのブログは、夫婦の闘病記としてつづられていく。夫婦待望の赤ん坊が誕生し、家族の未来に希望をもち始めた矢先、ヨメは病状が悪化し他界してしまう。そんな折り、ブログに書籍化の話が持ち上がり、ダンナは原稿に向き合うことで現実逃避をする。そんな彼の前に、死んだはずのヨメが現れる。原稿をまとめたいのに、ちゃちゃを入れるヨメ。次第にふたりは夫婦として過ごしてきた日々を振り返り、伝えられなかったそれぞれの思いを見つけることになる。「婚前特急」「わたしのハワイの歩きかた」の前田弘二が監督・脚本。(映画.comより)

製作年:2015年
製作国:日本
監督:前田弘二
助監督:山本透
原作:川崎フーフ
脚本:林民夫、前田弘二
企画・プロデュース:松本整、宇田川寧
プロデューサー:大畑利久、森川健一、田中洋行
音楽:きだしゅんすけ
主題歌:LAMP IN TERREN
主なキャスト:佐々木蔵之介、永作博美、佐藤仁美、高橋周平、並樹史朗、梅沢昌代、大石吾朗、吉本選江、宇野祥平、小市慢太郎、SU、杉本哲太
a2.jpg
a3.jpg

【感想】
難病闘病物を、ユーモア溢れる作風で涙を笑いに変えた点は評価できるのですが、話的な盛り上がりはもう一歩だったような・・・。
結局印象に残ったのは、実話ではない部分の永作幽霊の方でしたから、いまいち何を描きたかったのか、ピンと来なかったです。

当然ながら闘病記だけを描いたら湿っぽい話になるでしょうから、悲しみを笑いに変える為に幽霊を登場させてファンタジー調にしたこと自体は悪くはないんですけど、残された者が喪失感をどう乗り越えたのか、あまり現実的ではなかったですから、いまいちグッと来ないと言うか、ピンと来ないんですよね。

まあこの夫婦の馴れ初めから結婚に至るまでと、佐々木蔵之介と永作幽霊のやり取りは、ユーモアに溢れていてとても楽しめましたけどね。
特にヨメのハンバーガーをほおばる姿、豪快だけど実は繊細な部分なんかは印象深かったです。
ただ結局この辺の印象が強すぎて、焦点がボケちゃった気がしないでもないんですけど・・・。

それとダンナの本にしようと固執した部分の迷走ぶりが、どうにも心情的に共感し難くて・・・。
状況が状況ですから、バタバタする気持ちは分かるのですが、あれは酷い(苦笑)
結局笑いや微笑ましい部分しか印象に残らなかった作品だったかなぁ。
しかし永作博美はいつまでも若い、彼女の可愛さは十分伝わってきましたよ!
評価2.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック