【映画】ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンス

a1.jpg

【解説・あらすじ】ジェニファー・ローレンス主演でスーザン・コリンズによるベストセラー小説を映画化した「ハンガー・ゲーム」シリーズの3作目で、完結編「ハンガー・ゲーム FINAL」2部作の前編。記念大会として特別に開催された第75回「ハンガー・ゲーム」の闘技場から危機一髪で救出されたカットニスは、滅亡したとされていた第13地区の地下にある、反乱軍の秘密基地に収容される。そこでコイン首相率いる反乱軍は、スノー大統領が絶対的な権力を握る独裁国家パネム打倒に向けた準備を進めていた。カットニスも革命のシンボルとして反乱軍とともに戦うことを決意するが、スノー大統領はピータを人質にし、反乱の芽を摘み取ろうとする。反乱軍はピータ救出作戦を決行するが……。前作に続き「コンスタンティン」「アイ・アム・レジェンド」のフランシス・ローレンスがメガホンをとった。(映画.comより)

製作年:2014年
製作国:アメリカ
監督:フランシス・ローレンス
原作:スーザン・コリンズ
脚本:ダニー・ストロング、ピーター・クレイグ
製作:ニーナ・ジェイコブソン、ジョン・キリク
製作総指揮:スーザン・コリンズ、ジャン・フォスター、ジョー・ドレイク、アリソン・シェアマー
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード
主なキャスト:ジェニファー・ローレンス、ジョシュ・ハッチャーソン、リアム・ヘムズワース、ウディ・ハレルソン、エリザベス・バンクス、ジュリアン・ムーア、フィリップ・シーモア・ホフマン、ジェフリー・ライト、ドナルド・サザーランド、ウィロウ・シールズ、サム・クラフリン、ジェナ・マローン、スタンリー・トゥッチ、ナタリー・ドーマー、マハーシャラ・アリ、ポーラ・マルコムソン、エバン・ロス、エルデン・ヘンソン、ウェス・チャサム、サリタ・チョウドリー、ステフ・ドーソン、パティーナ・ミラー、ロバート・ネッパー
a2.jpg
a3.jpg

【感想】
何となく最終章が2部作と聞いた時点で想像は付いていましたが、本当にラストへの繋ぎのみなシリーズ三作目でしたね。
せめてもう少し見せ場があっても良かったような?
アクションがあればそれで良いと言う訳ではないですけど、さすがにこれは無さ過ぎでしょ。

まあとりあえず生き残りをかけて殺し合いをするよりは、ストーリー的に見応えはありましたけど。
もう独裁国家にレジスタンス軍が挑む構図が確立してきましたから、意味不明な状態よりは感情移入度は上がってきましたね。
とは言っても、今回はその準備段階でしたので、2時間延々準備段階を見せられるのは、かなり退屈ではありましたが(苦笑)

PV撮影に、あれだけ時間かける必要あったかな?
カッコイイPVではありましたけど・・・。
しかしカットニスの葛藤するシーンが長い、そこが見せ場とは言え、早く決心せい!

とりあえず次で決着は付くのでしょうが、今回(毎回)消化不良ですから、最後ぐらいは・・・スノー大統領をギャフンと言わせてほしい!
最後と言えば、フィリップ・シーモア・ホフマン、これが遺作だったんですね・・・最後の字幕に涙でした。
評価2.5(5点満点中)


↓こちらの応援ポチをしていただけたら嬉しいです!

にほんブログ村


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック