【映画】黒いドレスの女

【解説・あらすじ】無意識に男の心を惑わせる女と、その女のために命を賭ける男たちの姿を描く。北方謙三原作の同名小説の映画化で、脚本は「めぞん一刻」の田中陽造、監督は「友よ、静かに瞑れ」の崔洋一、撮影も同作の浜田毅がそれぞれ担当。 夜明け前の高速道路を朝吹冽子は歩いていた。彼女はBMWに乗ったヤクザっぽい男、アキラに声をかけられる。大井競馬場。田村と弁護士・山本が庄司というヤクザを外国に逃がす…

続きを読む